メインメニューを開く

木下 俊懋(きのした としまさ、安永元年8月2日1772年8月30日) - 文政5年7月3日1822年8月19日))は、豊後日出藩の第11代藩主。

第10代藩主・木下俊胤の長男。母は木下利忠の娘(木下俊泰の養女)・於久。正室は太田資愛の娘。子に木下俊賢(長男)、木下俊良(次男)、木下俊敦(四男)、娘(吉川経礼正室)。官位は従五位下、主計頭。

幼名は千勝。初名は俊茂。安永5年(1776年)、俊胤の死により跡を継いだ。天明2年(1782年)5月に俊懋と改名した。

藩政においては藩財政が悪化したり、藩主の早世などが相次いで混乱していた藩政を再建するため、殖産興業政策や塔ノ平池の治水工事、藩校である稽古堂の創設や製紙産業の育成に努めている。文化7年(1810年)3月10日、次男の俊良に家督を譲って隠居し、文政5年(1822年)7月3日に51歳で死去した。法号は謙徳院。墓所は大分県速見郡日出町の松屋寺。