メインメニューを開く

木下 俊胤(きのした としたね、延享4年(1747年)- 安永5年5月20日1776年7月5日))は、豊後日出藩の第10代藩主。

人物編集

下野宇都宮藩主・戸田忠余の六男。母は側室小川氏。正室は木下利忠の娘(第9代藩主・木下俊泰の養女)・於久。子に木下俊懋(長男)、娘(堀直方正室)、娘(横山知雄正室)、娘(高井常房室)、娘(山崎義徳正室)、娘(溝口直清正室)、娘(小笠原信成正室)。初名は忠昭。通称は荘左衛門、主計。官位は従五位下、左衛門佐。

明和4年(1767年)9月10日、先代藩主・俊泰の養嗣子となった。同年10月15日、将軍徳川家治にお目見えする。同年12月16日、従五位下左衛門佐に叙任する。明和5年9月21日、養父俊泰の死去により跡を継いだ。明和9年(1772年)2月、江戸で大火が起こったとき、火消し役としての任務を立派に遂行したと言われている。また、俊胤は智勇兼備の人物で、伊藤金蔵に師事して学問を学び、自ら講師となって藩士への教育に務めたと言われている。著書にも「千体観音図帳」がある。馬術や剣術、槍術にも優れており、免許皆伝の腕前だった。

安永5年(1776年)5月20日、日出で死去し、跡を長男・俊懋が継いだ。法号は赫赫院。墓所は東京都港区高輪泉岳寺