木原 弘人(きはら ひろと)は、埼玉県出身の元アマチュア野球選手である。ポジションは捕手

木原 弘人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 1951年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

慶應義塾志木高校では、1968年秋季関東大会県予選準々決勝に進むが、大宮高に敗退。慶應義塾大学に進学。東京六大学野球リーグでは工藤真萩野友康長谷部優らとバッテリーを組み、1971年秋季リーグから1972年秋季リーグまで三連覇を果たす[1]。1972年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で関大山口高志に完封され準優勝。ベストナイン(捕手)選出2回。大学同期に山下大輔がいた。

卒業後は松下電器に入社。1974年から正捕手となり山口高志、福間納らとバッテリーを組む。松下勝実鍛治舎巧ら強力打線に援護され、1975年社会人野球日本選手権では準々決勝に進むが、住友金属に7回コールド負け[2]1977年都市対抗では準々決勝に進出、しかし日本鉱業佐賀関藤沢公也に抑えられ敗退[3]。同年の社会人野球日本選手権では福間が活躍し準決勝に進むが、電電四国の小原慶司に0-1で完封負けを喫する[2]1979年第6回社会人野球日本選手権大会は長谷部優、原邦彦の好投もあって決勝に進み、住友金属に敗退するが準優勝と健闘した[2]。同大会では1977年から4年連続で優秀選手賞を獲得する。1980年限りで引退。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一般財団法人 東京六大学野球連盟”. www.big6.gr.jp. 2020年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集