メインメニューを開く

住友金属野球団

住友金属野球団(すみともきんぞくやきゅうだん)は、和歌山県和歌山市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。

住友金属野球団
チーム名(通称) 住友金属、住金
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1951年
廃部 1999年
チーム名の遍歴
  • 住友金属 (1951 - 1999)
本拠地自治体
  • 大阪府大阪市 (1951 - 1964)
  • 和歌山県和歌山市 (1965 - 1999)
  • 練習グラウンド 住友金属グラウンド
    都市対抗野球大会
    出場回数 21回
    最近の出場 1995年
    最高成績 優勝
    社会人野球日本選手権大会
    出場回数 18回
    最近の出場 1999年
    最高成績 優勝
    全日本クラブ野球選手権大会
    出場回数 ※出場資格なし

    獲得した全国タイトルは、全国社会人チームでJX-ENEOS・東芝に次ぎ、史上第3位の計9回(全日本アマチュア王座決定戦優勝1回・都市対抗優勝1回・日本選手権優勝7回)である。日本選手権での優勝7回は、史上最多である。

    目次

    概要編集

    1951年に、それまで住友金属工業近畿地方における各事業所で活動していた野球チームを統合し、大阪府大阪市を本拠地に本社運営の『住友金属野球団』が創設された[1]

    1955年には早くも都市対抗野球への出場を果たし、1965年には拠点を和歌山製鉄所のある和歌山市に移転した。同年と翌1966年の都市対抗では2年連続準優勝し、1977年には日本選手権で初優勝を果たしている。1981年から1987年までは1982年の大会での優勝を含め7年連続本大会に出場し、1983年1984年には日本選手権を連覇するなど、石井毅嶋田宗彦のバッテリーを擁して黄金時代を築き上げ、会社のシンボル的役割を担った[2]

    激戦の関西地方にあって日本生命大阪ガスに人気で勝てず、プロ入りを目指す学生などは集まりにくかったものの[3]、無名選手の集団が猛練習を重ねて前評判を覆す活躍を見せて観客を魅了した[4]

    1980年代から1990年代にかけて日本選手権を5回制するなど社会人野球で屈指の成績を残している。都市対抗では優勝1回にとどまる一方で日本選手権においては抜群の戦績を残すため「秋の住金」の異名をとった。

    しかし、母体の住友金属工業が合理化策の一環として1999年5月に同年限りでの活動終了を発表。同年の日本選手権をもって活動を終え、25人の部員の内6人が鹿島野球部に異動、5人が他の企業チームに移籍している[4]

    2004年にはグラウンドを含む住友金属総合スポーツセンターがオークワに売却され[5]ガーデンパーク和歌山となった。

    沿革編集

    主要大会の出場歴・最高成績編集

    主な出身プロ野球選手編集

    かつて在籍していた選手・コーチ・監督編集

    脚注編集

    1. ^ 毎日新聞、1999年5月15日付朝刊、P.17
    2. ^ 毎日新聞、1999年10月10日付朝刊、和歌山地方面
    3. ^ 毎日新聞、1999年10月7日付朝刊、和歌山地方面
    4. ^ a b 毎日新聞、2000年7月26日付朝刊、P.20
    5. ^ 毎日新聞、2004年2月11日付朝刊、和歌山地方面

    関連項目編集