メインメニューを開く

木原氏(きのはらし)は因幡国智頭郡国人領主。現在の鳥取県智頭町木原村が本貫地で唐櫃城によった。

木原氏
No image available.svg
本姓 宇多源氏佐々木支流[1]
家祖 不詳
種別 武家地下人
出身地 因幡国智頭郡土師郷木原村[1]
主な根拠地 因幡国智頭郡木原村
凡例 / Category:日本の氏族



経歴編集

木原村を中心とする一帯の開発領主の出身と思われるが、『因幡志』によれば本姓は宇多源氏佐々木氏佐々木秀義の嫡子・定綱の子孫であるという[1]

文明年間に木原入道善棟が見えるのが、史料上の初見であり、木原名、横田名、福武名などに所領が存在していた。現在でもその譲り状など数点が伝えられている。享禄年間には善棟の孫とみられる木原駿河守元信が子息・亀松に所領を譲っている。現代にまで伝えられている譲り状などから戦国時代初期の木原氏は、まだ惣領制を色濃く残した相続形態をとり、一族内での分割相続や女子の一期分が行われていたことが分かっている。

因幡民談記』などによれば、永禄元亀年間には草刈氏と数回にわたって合戦を交え、元信はたびたび草刈勢を退けたという。しかし、岡城主・国政氏が草刈方に内応したことにより元信は作州境にて討死し、唐櫃城も落城したという。一方、『草刈氏覚書』には天文15年(1546年)に山本出雲守を唐櫃城に入れた記述が存在する。

草刈氏との合戦に敗れた木原一族は九州へ逃れたと伝えられ、天正の末頃に帰国し、木原村に帰農したという。『因幡民談記』などにはその子孫が所持していた系図古文書が紹介されている。

系図と木原一族編集

   善棟
   ┣━━━━┓
  おき法師  若法師
   ┃     ┃
  元信     豊前守?
   ┃   
  元重(幼名・亀松)

この他、横田名を折半し、与えられた一族として「四郎右衛門、四郎兵衛」の二人が見える。また、天正3年(1575年8月29日付『草刈氏一所衆軍忠状』には草刈景継の家臣として「木原左馬允」の名が確認されることから、草刈氏に従った一族がいたことが分かっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 太田 1934, p. 1930.

参考文献編集

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「木原 キハラ キノハラ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1930-1931頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/59 国立国会図書館デジタルコレクション   
  • 智頭町誌編さん委員会『智頭町誌 上巻 自然・歴史』(智頭町、2000年)
  • 鳥取県『鳥取県史 第2巻 中世』(1973年)
  • 平凡社地方資料センター編『日本歴史地名大系32 鳥取県の地名』(平凡社、1992年)ISBN 4-582-49032-8