メインメニューを開く

嘉治 元郎(かじ もとお、1925年8月13日 - 2011年7月23日[1])は、日本の経済学者東京大学名誉教授。専門は経済学

父は元朝日新聞社論説主幹の嘉治隆一、叔父は元東京大学社会科学研究所教授の嘉治真三(経済地理学)。妹は英文学者・聖心女子大学名誉教授の小堀玲子。

人物編集

附属中の同期生には、石川六郎鹿島建設名誉会長)、山本卓眞富士通名誉会長)、森亘(元東京大学総長)、芥川也寸志芥川龍之介の三男)などがいる。

53-54年フルブライト奨学生としてハーヴァード大学大学院に学ぶ。55年東大専任講師、58年助教授、60-61年フルブライト研究員としてスタンフォード大学に学ぶ。68年教授、68-69年イェール大学に留学、1974年から1975年まで東京大学評議員、1978年から1979年まで東京大学教養学部長、

84-86年アメリカ学会会長。財団法人放送大学教育振興会理事、財団法人国際文化会館理事長、財団法人グルー基金理事長、財団法人アメリカ研究振興会常務理事、財団法人政策科学研究所理事、財団法人渋沢栄一記念財団理事、財団法人日本ユニセフ協会評議員、財団法人ラボ国際交流センター評議員を歴任した。

著書編集

単著編集

  • 現代のアメリカ経済(中公新書、1968年)
  • 経済学概論 現代経済学の理解のために(旺文社、1981年、ラジオ大学講座)
  • 現代の経済と経済分析(放送大学教育振興会、1985年)
  • 経済発展論(放送大学教育振興会、1987年)
  • 現代の経済学(放送大学教育振興会、1989年)
  • 国際経済関係(東京大学出版会、1990年)
  • 経済学入門(放送大学教育振興会、1990年)
  • 国際経済学(放送大学教育振興会、1990年)

共編著編集

翻訳編集

  • イギリス労働運動史 第3 G.D.H.コール 林健太郎河上民雄共訳 岩波書店 1957
  • 進化する経済体制 政治経済学は何を提示できるのか R.L.ハイルブローナー ダイヤモンド社 1975
  • 教育の経済学 フリッツ・マハループ 春秋社 1976
  • マクロ経済学 理論と政策 ウイリアム H.ブランソン 今野秀洋共訳 マグロウヒル好学社 1976
  • ハイエク全集 第3巻 個人主義と経済秩序 嘉治佐代共訳 春秋社 1990.12

参考編集

  • 嘉治元郎先生に聞く 聞き手:新川健三郎滝田佳子 東京大学教養学部附属アメリカ研究資料センター 1995.3

脚注編集

関連項目編集