メインメニューを開く

未来よ こんにちは』(みらいよこんにちは、L'Avenir)は、ミア・ハンセン=ラヴ監督・脚本、イザベル・ユペール出演の2016年フランスドイツのドラマ映画である[5][6]第66回ベルリン国際映画祭ではコンペティション部門で金熊賞を争い[7][8]、ハンセン=ラヴが銀熊賞(監督賞)を獲得した[9]

未来よ こんにちは
L'Avenir
監督 ミア・ハンセン=ラヴ
脚本 ミア・ハンセン=ラヴ
製作 シャルル・ジリベール英語版
出演者 イザベル・ユペール
撮影 ドゥニ・ルノワール英語版
編集 マリオン・モニエ英語版
製作会社
配給 フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
日本の旗 クレストインターナショナル
公開 ドイツの旗 2016年2月13日 (BIFF)[1]
フランスの旗 2016年4月6日
日本の旗 2017年3月25日
上映時間 102分[2]
製作国
言語 フランス語
製作費 $3.2 million[3]
興行収入 $5.5 million[4]
テンプレートを表示

ユペールの演技は高く評価され、全米映画批評家協会賞主演女優賞英語版ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞した。

あらすじ編集

モテないわけじゃないけれど、美しいフランスの風景と彼女のきままな旅。

キャスト編集

製作編集

ハンセン=ラヴはもともとユペールがナタリーを演じる前提で執筆したと述べている[10]。また彼女はナタリーは晩年に離婚した自身の哲学教授の母親を基にしていることを認めている[11]

主要撮影は2015年6月22日よりパリで行われた[3]

評価編集

批評家の反応編集

Rotten Tomatoesでは109件の批評家レビューで支持率は100%、平均点は8.2/10となっている[12]Metacriticでは28件のレビューで加重平均値は88/100となっている[13]

受賞とノミネート編集

受賞とノミネートの一覧
授賞式 部門 候補 結果 出典
オースティン映画批評家協会 2016年12月28日 外国語映画賞 『未来よ こんにちは』 ノミネート [14]
ベルリン国際映画祭 2016年2月21日 監督賞 ミア・ハンセン=ラヴ 受賞 [15]
金熊賞 ミア・ハンセン=ラヴ ノミネート
ボストン映画批評家協会 2016年12月11日 主演女優賞 イザベル・ユペール (『エル ELLE』に対しても) 受賞 [16]
外国語映画賞 『未来よ こんにちは』 次点
シカゴ国際映画祭 2016年10月22日 ゴールデン・ヒューゴ賞 ミア・ハンセン=ラヴ ノミネート [17]
ドリアン賞英語版 2017年1月26日 外国語映画賞 『未来よ こんにちは』 ノミネート [18]
ダブリン映画批評家協会英語版 2016年12月17日 主演女優賞 イザベル・ユペール ノミネート [19]
インディワイア協会投票英語版 2016年12月19日 主演女優賞 イザベル・ユペール 10位 [20]
エルサレム映画祭英語版 2016年7月17日 ウィルフ・ファミリー財団賞(国際映画) ミア・ハンセン=ラヴ ノミネート
ロンドン映画批評家協会 2017年1月22日英語版 主演女優賞 イザベル・ユペール 受賞 [21]
外国語映画賞 『未来よ こんにちは』 ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会 2016年12月4日 主演女優賞 イザベル・ユペール (『エル ELLE』に対しても) 受賞 [22]
全米映画批評家協会 2017年1月7日 主演女優賞 イザベル・ユペール (『エル ELLE』に対しても) 受賞 [23]
外国語映画賞 『未来よ こんにちは』 3位[注釈 1]
ニューヨーク映画批評家協会 2016年12月1日 主演女優賞 イザベル・ユペール (『エル ELLE』に対しても) 受賞 [24]
ルイ・デリュック賞 2016年12月14日 作品賞 ミア・ハンセン=ラヴ ノミネート

脚注編集

  1. ^ エル ELLE』とタイ

参考文献編集

  1. ^ Things to Come”. Les Films du Losange. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ Things to Come (12A)”. British Board of Film Classification (2016年7月15日). 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ a b Isabelle Huppert tourne "L'Avenir" de Mia Hansen-Løve”. Challenges (2015年6月23日). 2017年7月11日閲覧。
  4. ^ Things to Come (2016) - International Box Office Results - Box Office Mojo”. 2017年6月10日閲覧。
  5. ^ Things to Come by Mia Hansen-Love for Les Films du Losange”. Cineuropa (2015年5月6日). 2017年7月11日閲覧。
  6. ^ Cannes: Les Films du Losange acquires Mia Hansen-Løve's 'Things to Come'”. ScreenDaily.com (2015年5月6日). 2017年7月11日閲覧。
  7. ^ Jan 11, 2016: Berlinale Competition 2016: Another nine films selected”. Berlinale. 2016年1月11日閲覧。
  8. ^ Berlin Film Festival Adds Nine Films to Competition Lineup”. Variety. 2016年1月11日閲覧。
  9. ^ Prizes of the International Jury”. Berlinale. 2016年2月20日閲覧。
  10. ^ Berlin: Isabelle Huppert, Mia Hansen-Love Chat About ‘Things To Come’”. 2016年2月13日閲覧。
  11. ^ Mia Hansen-Løve on the Precision of Isabelle Huppert and the Simplicity of ‘Things to Come’”. 2016年2月17日閲覧。
  12. ^ Things to Come (L'avenir) (2016)”. Rotten Tomatoes. 2017年7月11日閲覧。
  13. ^ Things to Come”. Metacritic. 2017年7月11日閲覧。
  14. ^ Austin Film Critics Association (AFCA) Nominations: The Handmaiden Lands Top Mentions, Trevante Rhodes Double Nominated”. Awards Watch (2016年12月16日). 2016年12月17日閲覧。
  15. ^ Jan 20, 2016: Berlinale Competition Complete”. Berlinale. 2016年1月21日閲覧。
  16. ^ Shanley, Patrick (2016年12月11日). “'La La Land' Named Best Picture by Boston Society of Film Critics”. The Hollywood Reporter. 2016年12月11日閲覧。
  17. ^ Chicago International Film Festival Announces Audience Award Winners, Festival Highlights”. Shootline Publicity Wire (2016年10月28日). 2016年10月31日閲覧。
  18. ^ Kilday, Gregg (2017年1月12日). “'Moonlight' Leads Gay and Lesbian Entertainment Critics' Dorian Award Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月23日閲覧。
  19. ^ Dublin Film Critics Circle names I, Daniel Blake best of 2016”. Irish Times (2016年12月17日). 2016年12月18日閲覧。
  20. ^ 2016 IndieWire Critics Poll: Full List of Results” (2016年12月19日). 2016年12月27日閲覧。
  21. ^ Tartaglione, Nancy (2016年12月20日). “‘Moonlight’, ‘Love & Friendship’ Lead London Critics’ Circle Nominations”. Deadline. 2016年12月20日閲覧。
  22. ^ 42nd Annual Los Angeles Film Critics Association Awards 2016 Winners”. Los Angeles Film Critics Association (2016年12月4日). 2016年12月5日閲覧。
  23. ^ “National Society of Film Critics Begin Announcing Winners”. Variety. (7 January 2017). http://variety.com/2017/film/news/national-society-film-critics-winners-full-list-1201954851/ 2017年1月7日閲覧。. 
  24. ^ New York Film Critics Circle Awards 2016”. New York Film Critics Circle. 2016年12月1日閲覧。

外部リンク編集