メインメニューを開く

本多 一夫(ほんだ かずお、1934年7月11日 - )は、日本の劇場経営者、実業家俳優である。本多劇場グループ代表、社団法人日本劇団協議会顧問。東京都世田谷区在住。

ほんだ かずお
本多 一夫
生誕 (1934-07-11) 1934年7月11日(84歳)
日本の旗 日本 北海道札幌市
出身校 北海道札幌啓北商業高等学校
職業 俳優、実業家

目次

人物編集

新東宝の俳優編集

北海道札幌市[1][2]に生まれ、高校卒業までを地元で過ごした後に上京した。

初めは俳優として活動し、映画俳優として新東宝に入社、1955年(昭和30年)の『新東宝ニューフェイス 第4期生』となった。新東宝ニューフェイスの同期には、女優・三ツ矢歌子原知佐子万里昌代、浅田勝子らがいた。

新東宝入社後には多数の作品に出演したものの、役に恵まれず、ほとんどが端役だった。本多が所属していた新東宝も1961年(昭和36年)には倒産した。

飲食店経営の実業家編集

新東宝の倒産とともに映画俳優に見切りをつけた本多は、わずかな資金を元手に下北沢駅近くでバートリスバー)を開店した。

そのバーにかつての俳優仲間が頻繁に手伝いに訪れたことから、「映画スターがお酌をしてくれる店」と評判になって経営は成功した。その後も業績は順調に伸び、本多は下北沢と周辺地域の店舗を次々に買収して事業を拡大、実業家として一時期は80軒以上もの居酒屋を所有していた。

俳優養成と劇団経営編集

しかし本多自身はショービジネスの世界を諦めきれず、演劇養成所「本多スタジオ」を設立。役者を目指す若者たちの「都心には大きな劇場は多いが、自分たちの求める演劇用の劇場が不足している」という話を聞き、「彼らの夢の力になりたい」という思いから劇場を作ること決意。下北沢駅に隣接する土地にマンションを建設し、その2階に「構想十年、自らの心血を注いだ理想の演劇専用劇場」として本多劇場をオープンさせた。それに先立ち「本多スタジオ」の稽古場も小劇場「ザ・スズナリ」として劇場化し(現在も同名の貸し稽古場「本多スタジオ」があるが、別の場所に存在)、その後も1980年代半ばに巻き起こった「小劇場演劇ブーム」を追い風に、次々と小劇場スペースを展開して本多劇場グループを形成、下北沢が「演劇の街」となる土壌を固めた。

2007年に「大人のための劇場」というコンセプトで小劇場「楽園」をオープンしたほか、本多自らも役者として、熟年劇団である「パラダイス一座」などの舞台に立っている。2018年吉川英治文化賞受賞。

俳優としての主な出演編集

テレビ番組編集

映画編集

  • リングの王者 栄光の世界(1957年、新東宝)
  • 拳銃と驀走(1960年、新東宝) - 金子
  • 反逆児(1960年、新東宝) - 松野
  • 女巌窟王(1960年、新東宝)
  • ざわざわ下北沢2000年、シネマ下北沢) - 小屋主
  • ざわざわ下北沢 の、できるまで。(2001年、シネマ下北沢)- ※「ざわざわ下北沢」のメイキング作品

舞台編集

  • パラダイス一座旗揚げ公演「オールド・バンチ〜男たちの挽歌」(2006年12月6日 - 12月13日、ザ・スズナリ)

脚注編集

  1. ^ 読売新聞 夕刊 8面 2017年7月28日 第4金曜日掲載「レジェンド Legend」 純粋に演劇人のため 本多劇場グループ代表 本多一夫
  2. ^ 第3回表彰 第3回渡辺晋賞:本多一夫氏 一般財団法人 渡辺音楽文化フォーラム

関連項目編集

外部リンク編集