メインメニューを開く

本多 忠如(ほんだ ただゆき)は、遠江相良藩の第3代藩主、のちに陸奥泉藩の初代藩主。

 
本多忠如
時代 江戸時代中期
生誕 正徳元年(1711年)9月
死没 安永2年10月15日1773年11月28日
別名 時之助(幼名)
諡号 壷山、子樟、沖翁
戒名 藻真院沖翁玄宜
墓所 東京都文京区湯島の麟祥院
官位 従五位下越中守
遠江国相良藩主→陸奥国泉藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠直、母:側室・稲垣氏
兄弟 忠通忠如忠村
忠烈
正室:松浦篤信の娘・吉子
側室:山田氏
忠籌、忠貫、隈五郎、
娘(山口弘倉正室)、娘(甘南正矩室)

正徳元年(1711年)9月、相良藩の初代藩主本多忠晴の長男・本多忠直の三男として生まれる。享保6年(1721年)、第2代藩主である兄忠通の死去により家督を継いだ。

延享3年(1746年)9月25日、陸奥泉藩へ移封された。宝暦4年(1754年)8月29日、長男の忠籌に家督を譲って隠居し、安永2年(1773年)10月15日に死去した。享年63。

著書に「壷山集」がある。