メインメニューを開く

本多 正重(ほんだ まさしげ)は、戦国時代から江戸時代前期の武将大名下総舟戸藩主。名前と経歴が良く似た本多政重は甥に当たる。

 
本多正重
本多正重.jpg
本多正重像
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文14年(1545年
死没 元和3年7月3日1617年8月4日
別名 三弥、三弥左衛門(通称)
海道一の勇士(渾名)
戒名 正重院道喜
墓所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町の泉涌寺内法音院
幕府 江戸幕府
主君 松平家康滝川一益前田利家
蒲生氏郷→徳川家康→秀忠
下総舟戸藩
氏族 本多氏
父母 父:本多俊正
兄弟 正信正重
正室:門奈氏
正氏、娘(小出吉親正室)、
娘(長坂重吉室)、娘(成瀬正成継室)、
正包、娘(竹村万嘉室)
養子:正貫

生涯編集

天文14年(1545年)、本多俊正の四男として生まれる。兄正信と共に松平家康の家臣として仕えていたが、永禄6年(1563年)の三河一向一揆では一揆方の武将として兄と共に家康に敵対した。しかし永禄7年(1564年)に一揆が鎮圧されると家康に帰参した。その後は徳川家の武将として、遠江掛川城攻めをはじめとして、元亀元年(1570年)の姉川の戦い、元亀3年(1572年)の武田信玄との一言坂の戦い三方ヶ原の戦いでは殿軍を務めて武功を挙げた。天正3年(1575年)の長篠の戦いにも参加して武功を挙げた。

ところがその直後に徳川家から出奔して浪人となり、滝川一益に仕えて播磨神吉城攻めに参加している。そして一益のもとを去って前田利家に属して佐々成政と戦い、武功を挙げたが、前田家から去って会津に移った蒲生氏郷に仕えた。しかし文禄4年(1595年)に氏郷が死去すると、蒲生家でお家騒動が発生したため、蒲生家から去った。そして慶長元年(1596年)に徳川家に帰参している。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは検使を務めた。その功により家康から慶長7年(1602年)に近江国坂田郡内に1,000石を与えられた。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では徳川秀忠に属して、参謀として功を挙げた。その功により、元和2年(1616年)7月に下総国相馬郡舟戸に1万石を与えられ、大名となった。

翌年の元和3年(1617年)7月3日に死去。享年73。長男の正氏は秀次事件で殉死し、次男の正包も早世していたため、外孫で養子の正貫が後を継いだ。しかし正重の死後、2,000石を削減されたため、舟戸藩は正重1代のみで消滅してしまった。減封は正重の遺言と言われる。

人物編集

  • 知略で有名な兄・正信と違って剛勇かつ槍の名手で、織田信長をして「海道一の勇士」と評された。
  • 三河武士らしく主君である家康にも遠慮なく何でもずばずば言うため、「口脇の黄なるほどにて言われざる事を」と疎まれていた。
  • 家康は正重を疎んだが、「今に心おとなしからず。あの心にてはいかで大名には成さるべき」と、戦国武将としての器量は認めていた。
  • 徳川家から出奔したのは家康に疎まれていたためとされているが、織豊系大名に対する間諜的役割もあったのではないかと思われる。ただし、どの大名にも召し抱えられたのはそれだけ武勇が認められていたということでもある。長男の正氏も突然徳川家を出奔し、当時は豊臣政権の後継者と思われていた豊臣秀次に仕えている。
  • 官位を生涯受けず、通称の三弥あるいは三弥左衛門で通した。


先代:
-
本多氏舟戸藩主
1616年 - 1617年
次代:
本多正永