メインメニューを開く

舟戸藩(ふなとはん)は、下総(現在の千葉県柏市船戸)に存在した。別名は藤心藩(ふじこころはん)。

目次

藩史編集

元和2年(1616年)7月、下総国相馬郡に加増を受けた本多正重は1万石の大名として諸侯に列し、ここに舟戸藩が立藩した。しかし翌元和3年(1617年)、正重の後を継いだ養子の正貫は所領を減らされて8000石で相続することになり、1年足らずで舟戸藩は姿を消した。

元禄元年(1688年)、正貫の孫の正永寺社奉行にまでなったことから1万石に加増されて大名となったため、再び舟戸藩が立藩した。正永は元禄14年(1701年)に上総・下総国内において5000石を加増され、翌年、上野沼田藩に移封となり、舟戸は沼田藩の飛び地となった。その後、本多氏享保15年(1730年)に駿河田中藩に移されたが、舟戸は田中藩の飛び地領として廃藩置県まで続いた。

歴代藩主編集

本多家編集

譜代。1万石。

  1. 正重(まさしげ)

旗本時代編集

8000石→7000石。

  1. 正貫(まさつら)
  2. 正直(まさなお)
  3. 正永(まさなが)

本多家編集

譜代。1万石→1万5000石。

  1. 正永(まさなが)

関連項目編集