本田 延三郎(ほんだ えんざぶろう[1]/のぶさぶろう[2]1908年7月11日 - 1995年3月18日)は、日本の演劇映画プロデューサー。別名・鷲崎宏。

人物 編集

明治41年、北海道函館市生まれ。4歳で父を失う[3]1925年函館商業学校卒業後、弁論部の先輩八木隆一郎を頼って上京、東京左翼劇場に入団、小道具係となる[3]。1930年代に盛んだったプロレタリア演劇運動に入る。1934年新協劇団に入団、日本プロレタリア劇場同盟 (プロット)書記長も務め、治安維持法で3回逮捕され、通算3年半を獄中で暮らす[3]小林多喜二と同時期に収監され、多喜二の拷問死は本田の「自白」に基づくものではないかと噂されたが、本田自身は終生弁明しなかった[4]

戦後は、俳優座などの経営に関わる。1952年より1970年まで劇団青俳を経営。1971年、演劇プロデュースの五月舎設立[3]1976年、第6回日本新劇製作者協会・協会賞[5]、1981年、多年にわたる演劇プロデュースの業績に対して、第16回紀伊國屋演劇賞特別賞[6]を受賞。

1995年3月18日、心筋梗塞のため東京都狛江市東京慈恵会医科大学附属第三病院で死去[2]

家族 編集

  • 父・池田吉太郎
  • 母・本田テツ ‐ 森町 (北海道)の駅前で雑貨屋、酒屋を営む
  • 長女・青木笙子(1940年生) ‐ 作家。國學院大學文学部文学科卒業。日本新劇史に取材した作品に定評があり、父・本田延三郎の評伝『沈黙の川』で小島信夫文学賞特別賞受賞。[7]

略歴 編集

主なプロデュース・企画作品 編集

映画 編集

 
プロデュースした映画「日の果て」の一場面
  • 日の果て』(八木プロ=青年俳優クラブ、1954年)
  • 『億万長者』(青年俳優クラブ、1954年)企画
  • 『米』(東映東京、1957年)
  • 純愛物語』(東映東京、1957年)企画
  • 裸の太陽』(東映東京、1958年)企画
  • 『素晴らしき娘たち』(東映東京、1959年)企画
  • 『秘密』(東映東京、1960年)企画
  • 『乾杯!ごきげん野郎』(東映東京、1961年)企画
  • 『若者たちの夜と昼』(東映東京、1962年)企画
  • 『路傍の石』(東映東京、1964年)企画
  • 武士道残酷物語』(東映東京、1963年)企画
  • 廓育ち』(東映東京、1964年)企画
  • 越後つついし親不知』(東映東京、1964年)企画
  • 『牙狼之介』(東映京都、1967年)企画
  • 『牙狼之介 地獄斬り』(東映京都、1967年)企画
  • 『砂糖菓子が壊れるとき』(大映東京、1967年)企画
  • 不信のとき』(大映東京、1968年)企画
  • 婉という女』(ほるぷ映画、1971年)企画
  • あゝ声なき友』(松竹=渥美プロ、1972年)
  • 子育てごっこ』(五月舎=俳優座映画放送、1979年)

テレビドラマ 編集

  • 「初夜」(1966年6月18日~7月9日、今井正監督、三浦哲郎原作)プロデューサー
  • 「下町の青春」(1966年7月16日~8月6日、今井正監督、早乙女勝元原作、坂本九出演・主題歌)プロデューサー
  • 「雨のひまわり」(1966年8月13日~9月3日、今井正監督、藤本義一脚本)プロデューサー
  • 「ガンかて笑って死ねるんや」(1966年9月10日~9月24日、今井正監督)プロデューサー
  • 「海の心の通うとき」(1966年11月27日~12月25日、今井正監督)プロデューサー

舞台 編集

出典 編集

  1. ^ 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.507
  2. ^ a b 函館ゆかりの人物伝(函館市文化・スポーツ振興財団)
  3. ^ a b c d e f g h はこだて人物誌 本田延三郎
  4. ^ 文芸サークル手稲郷土史研究会会報「ていね」第99号 平成28年3月9日
  5. ^ 日本新劇製作者協会・協会賞受賞者一覧
  6. ^ シアターリーグ 演劇賞 1981年演劇賞(昭和56年)
  7. ^ 青木笙子 (アオキ ショウコ)河出書房新社