メインメニューを開く

本領信治郎

日本のラグビー選手、コーチ、政治家
本領信治郎

本領 信治郎(ほんりょう しんじろう、1903年10月8日 - 1971年7月24日)は、東京都出身の政治家、教育者。衆議院議員早稲田大学(以下、早大)教授早大ラグビー部監督 & 選手。

目次

来歴編集

京都市立第一商業学校を経て早大に進学。同校のラグビー部で活動し、ポジションはスクラムハーフ(SH)1927年のオーストラリア遠征では主将を務めた。卒業後の1928年に早大監督に就任し、2シーズン同職を歴任。

その後、母校の早大で教鞭を執る傍ら、中野正剛の知遇を得て東方会に入党の後、大政翼賛会総務局宣伝部副部長を歴任。そして、1942年4月30日に執行された第21回衆議院議員総選挙において、東京5区(中選挙区時代)から立候補し当選した。

第二次世界大戦後、公職追放となり[1]、追放解除後は日本民主党相談役、日本ラグビーフットボール協会理事等を務めた。

主な著書編集

  • 『ラグビー通になるまで』(野球界社 1930年
  • 『写真ヒトラー総統伝』(日本電報通信社出版部 1942年)
  • 『青年の信条』(拓南社 1942年)
  • 『ドイツ戦時経済叢書』(翻訳者として執筆。日本電報通信社出版部 1942年)

脚注編集

  1. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛中央本部副部長、東方会常任理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、128頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集