メインメニューを開く

本願寺鷺森別院(ほんがんじさぎのもりべついん)は、和歌山県和歌山市鷺ノ森にある浄土真宗本願寺派寺院雜賀御坊(さいかごぼう)、鷺森本願寺とも。京都市にある西本願寺の別院である。

本願寺鷺森別院
Saginomori02.jpg
所在地 和歌山県和歌山市鷺ノ森1
位置 北緯34度14分10.3秒
東経135度10分15.4秒
座標: 北緯34度14分10.3秒 東経135度10分15.4秒
山号 龍谷山
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗本願寺派
寺格 鷺森別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 文明8年(1476年)10月
開基 蓮如
中興年 享保8年(1723年)3月
正式名 本願寺鷺森別院
別称 雜賀御坊
鷺森本願寺
文化財 二尊像・親鸞聖人御絵伝
公式HP [[1] 本願寺鷺森別院沿革]
法人番号 1170005000754
本願寺鷺森別院の位置(和歌山県内)
本願寺鷺森別院
テンプレートを表示

目次

歴史編集

寺に伝わる『鷺森旧事記』(元禄6年・1693年成立)によれば、当別院は文明8年(1476年)、紀伊国冷水浦(しみずうら、和歌山県海南市冷水)に建てられた冷水道場をその前身とする。冷水浦の喜六大夫は、熊野参詣の途上で冷水浦を訪れた蓮如に帰依し、蓮如から了賢という法名と、親鸞・蓮如連座の画像(二尊像)を得、冷水道場を建立したという。なお、史実としては、蓮如が文明8年に熊野参詣をしたという事実はなく、鷺森別院に現存する二尊連座像に文明8年の蓮如自筆裏書があることから、上述の伝承が生じたものと推定されている[1]

寺はその後永正4年(1507年)に名草郡黒江(海南市黒江)、天文19年(1550年)に和歌浦弥勒寺山(和歌山市)、永禄6年(1563年)に雑賀庄鷺森(現在地)に移転した。

天正8年から11年(1580年から1583年)には織田信長との和睦によって大坂石山本願寺から退去した宗主顕如が当寺に滞在し、浄土真宗の本拠地として位置づけられていた。

しかし、その後、豊臣秀吉紀州征伐によって急速に衰退し、江戸時代には紀州門徒の支援によって、明和5年(1768年)に再興したが、第二次世界大戦には和歌山大空襲によって焼失した。現在の建物は1948年昭和23年)に再建、その後改築されたものである。

主な行事編集

関連施設編集

 
本願寺鷺森別院の石標

所在地編集

  • 〒640-8053
    • 和歌山県和歌山市鷺ノ森1番地

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 創建経緯については『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』(「鷺森別院」の項)による。

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』(「鷺森別院」の項)、平凡社、1983

関連項目編集

外部サイト編集