顕如(けんにょ、正字体顯如)は、戦国時代から安土桃山時代浄土真宗浄土真宗本願寺派第11世宗主・真宗大谷派第11代門首。大坂本願寺住職[1]

顕如
天文12年旧1月7日 - 天正20年旧11月24日
1543年2月20日[注釈 1] - 1592年12月27日
Kennyo02.JPG
顯如像
幼名 茶々
法名 顯如
院号 信樂院
光佐
尊称 顯如上人
生地 大坂
没地 西本願寺
宗旨 浄土真宗
宗派 本願寺派(後の浄土真宗本願寺派、後の真宗大谷派
寺院 大坂本願寺、西本願寺
証如
弟子 教如顕尊准如
テンプレートを表示

顕如はで、は光佐(こうさ)、法主を務めた寺号「本願寺」を冠して本願寺光佐(ほんがんじ こうさ)とも呼ばれる。院号は信楽院(しんぎょういん、正字体:信樂院)。法印大僧正准三宮。父は第10世宗主の証如関白内大臣九条稙通猶子。室は左大臣三条公頼三女の如春尼。長男は真宗大谷派第12代門首の教如、次男は真宗興正派第17世門主の顕尊、三男は浄土真宗本願寺派第12世宗主の准如

宗教者でありながら武装した僧侶や信徒と共に、神仏の冒涜を繰り返した織田信長を敵とみなし、全国の本願寺門徒に信長打倒を呼びかけて、天下統一を目前で阻止した。軍事的にも経済的にも圧倒的に有利な織田軍相手に、調略を巡らせて信長包囲網を築き10年以上にわたって激しい攻防を繰り広げたことで知られる。

来歴編集

誕生から継承編集

天文12年(1543年)1月6日[1]または1月7日、本願寺第10世・証如の長子として誕生。母は庭田重親の娘・顕能尼[注釈 2]

天文23年(1554年)8月12日、父である証如が重態となり、急遽得度が行われることになった。顕如は父・証如が九条家猶子となったことを先例として前関白・九条稙通の猶子となり[2]、12歳で証如を師として得度した。

翌13日、証如の死により本願寺を継職し、祖母・鎮永尼の補佐を受けて教団を運営した。

教団の最盛期を築く編集

弘治3年(1557年)4月17日、六角定頼猶子(実父は三条公頼)の如春尼と結婚した[注釈 3]。如春尼の実の姉は武田信玄正室三条夫人であり、信玄と顕如は義兄弟にあたる。

政略結婚[注釈 4]とはいえ、二人の夫婦仲は良く、結婚31年目の天正16年(1588年)の七夕には、

いくとせもちぎりかわらぬ七夕の、けふまちへたるあふせなるらん  顕如
いくとせのかはらぬ物を七夕の、けふめづらしきあうせなるらん  如春尼

と歌を詠み合っている。

永禄2年(1559年)、正親町天皇綸旨により本願寺が門跡となる。本願寺は証如・顕如と2代にわたって摂関家である九条家の猶子となって門跡に相応しい格式を得たとして門跡への昇格を求めていた。折しも青蓮院門跡である尊朝法親王が幼少で門跡の職務を行い得なかったため、青蓮院の異論が出されないまま本願寺の要求が認められたと考えられている[4]

永禄3年(1560年)には院家として河内国顕証寺播磨国本徳寺三河国本宗寺を指定し、坊官下間氏を任じる。

永禄4年(1561年)には僧正に任じられている。

顕如の時代、本願寺教団は、証如の時代以来進めてきた門徒による一向一揆の掌握に務める一方、管領家であった細川京兆家や京の公家との縁戚関係を深めており、経済的・軍事的な要衝である大坂本願寺(石山本願寺)を拠点として、主に畿内を中心に本願寺派の寺を配置し、大名に匹敵する権力を有するようになり、教団は最盛期を迎えていた。

家臣団編集

院家一家衆坊官衆、御堂衆等のほか、「中世本願寺の寺院組織と身分制」によると、本願寺譜代の家臣である下間氏を核として、三綱殿原中居綱所といった所務諸職が設けられていた。

院家編集

本願寺が門跡寺院となったことで、本願寺一族一家衆の寺が院家となった。『戦国期本願寺「報思講」をめぐって-二、戦国期本願寺報恩講の展開l大坂時代・親鷲三百回忌』によると、顕如が門跡となった翌永禄3年(1560年)まず本宗寺証専・願証寺証意・顕証寺証淳院家となり、続いて、本山儀式役に重き位置を占める順興寺実従教行寺実誓慈教寺実誓・常楽寺証賢が院家となった。

天文23年(1554)8月に証如が没し、顕如が宗主となるが、同年報思講では一家衆宿老実従が儀式主宰者を代行している。翌年には顕如の出仕が始まるが、当初は実従、祖母慶寿院の補佐をよく受けていたことが窺える。また院家の中でも特に実従が宿老と見なされていたことがわかる。

一家衆編集

一家衆とは、本願寺歴代法主の親族集団の総称である。また一家衆から院家が指定されたため、ほぼ院家と同様である。 院家となった、本宗寺証専・願証寺証意・顕証寺証淳・順興寺実従教行寺実誓慈教寺実誓・常楽寺証賢 の他に、光教寺顕誓、願得寺実悟が、一家衆である。後に天正4年(1576年)、願得寺も院家に指定される。

坊官衆編集

下間氏は蓮如時代以後、代々本願寺の侍臣を務めてきたため、筆頭坊官ほか下間氏の多さが目立つ。

主な坊官は以下の通り。軍事指揮官として各地に派遣される者が多かった。

下間頼照下間頼廉下間仲孝下間頼竜下間頼良下間頼資下間頼旦下間頼成下間頼総下間頼芸下間頼俊下間頼純七里頼周杉浦玄任坪坂包明川那辺秀政

御堂衆編集

中世本願寺における御堂衆堂衆とも言われる)とは、御堂の荘厳や儀式の執行に従事し、さらには法義に精通し、清僧であることが求められた身分で、初期は下間氏を中心に御堂衆集団が形成されていたが、次第に一般坊主衆から選出されるようになり、大坂本願寺時代には、儀式執行に大きな権限を掌握するようになっていた。

『戦国期本願寺「報思講」をめぐって-御堂衆について』によると、御堂衆は「六人供僧」とも言われるが、史料上、天文4年(1535年)段階では3人(西宗寺祐信浄照坊明春賢勝)、天文15年(1546年)までは4人(浄照坊賢勝超願寺盛光寺祐心)しか確認できず、翌年には逆に8人に倍増している(前掲4人、明覚寺行心九条西光寺光徳寺乗賢正誓)。永禄4年(1561年)段階では浄照坊明春法専坊賢勝光徳寺乗賢明覚寺行心教明教宗の6人が御堂衆とされる(『今古独語」)。

殿原・青侍編集

「中世本願寺の寺院組織と身分制 - 寺務と寺官について」によると、青侍のうち、受領・官途名を授けられたものが殿原と考えられる。殿原・青侍となる家としては、下間家のほか七里、円山、寺内、八尾、平井、川那部、八木、松井家等があった。殿原となる諸家のうちでも下間家のみが三綱の資格を有した。 本願寺史料研究所の、「本願寺御家中衆次第について」には、下間氏とももに、円山、寺内、平井、八木、松井等の名が一覧できるが、これらは殿原または青侍と考えられる。

坊主衆編集

「中世本願寺の寺院組織と身分制-坊主の位置」によると、坊主は法名を授けられ、寺号を許され、その住持職に任じられる。また、宗教儀式に列座する資格を有するが僧位僧官は帯さない。無位無官かつ呼び名を持たないため、寺号・坊号を呼び名とする。

信長包囲網編集

 
顕如画像幅 [1] 石川県立歴史博物館所蔵 18世紀

しかし、本願寺は武家封建関係の外でこのような権力を握っていたことから、延暦寺町衆などと同様に、永禄11年(1568年)に将軍・足利義昭を奉じて上洛し、義昭を通じて影響力を強めていた織田信長による圧迫を受けるようになり、顕如は信長と敵対する。

元亀元年(1570年)に本願寺と織田氏は交戦状態に入った(野田城・福島城の戦い)。一連の抗争は石山合戦と呼ばれる。その後、元亀年間に将軍・義昭と信長は反目し、義昭は甲斐国の武田氏をはじめ越前国の朝倉氏、近江国の浅井氏ら反織田勢力とともに信長包囲網を構築した。本願寺も信長包囲網の一角を担い、顕如は自ら石山本願寺に篭城し、雑賀衆などの友好を結ぶ土豪勢力と協力する、地方の門徒組織を動員して長島一向一揆などの一向一揆を起こし信長に対抗した。

しかし、元亀4年(1573年)4月には武田信玄の死を契機に包囲網が破綻。朝倉・浅井・足利などの同盟勢力は次々と織田氏によって滅ぼされ、木津川口の戦いなどで抵抗を続けた本願寺も最終的には抗戦継続を諦め、朝廷を和平の仲介役として天正8年(1580年)に信長と和睦。顕如自身は石山を退去し紀伊国鷺森別院に移った。

晩年編集

本能寺の変後信長に代わって畿内の実権を握った羽柴秀吉と早急に和睦すると、秀吉は本願寺とその門徒が持つ経済力や技術力を利用して、石山本願寺の寺内町をもとに大坂城城下町大坂を整備した。天正13年(1585年)にはその大坂郊外にある摂津中島(後の天満の町)に移転して天満本願寺を建立した。ここはルイス・フロイスによると「秀吉の宮殿の前方にある孤立した低地」で、さらに「住居に壁をめぐらしたり堀を作る」ことを禁じられており[5]、本願寺は豊臣政権の強い統制下に置かれていたことがわかる。

この年顕如は大僧正に任じられた。翌天正14年(1586年)には准三宮の宣下を受ける。しかし秀吉から九州平定に同行するよう命じられ、暫時下関滞在を余儀なくされた[6]

天正17年(1589年)には一騒動あった。聚楽第の壁に政道批判の落書が書かれ、その容疑者が本願寺寺内町に逃げ込んだという情報と、秀吉から追われていた斯波義銀[注釈 5]細川昭元尾藤知宣らの浪人がやはり天満に潜伏しているという情報を相次いで入手した豊臣政権は、同年3月に石田三成に命じて寺内町の取締強化とこれらの者を匿ったと断定された2町の破壊を骨子とする厳しい寺内成敗を行わせたのである。肝心の斯波義銀らはついに発見されなかったものの、彼らを匿った罪で天満の町人63名が京都六条河原で磔となったほか、顕如も2月29日に秀吉から浪人の逃亡を見逃したことを理由に叱責を蒙り(『言経卿記』)、3月8日にはさらに容疑者隠匿に関与したとして蓮如の孫にあたる願得寺顕悟[注釈 6]が自害を命じられた。こうしてかつて本願寺が持っていた強大な領主権力は顕如一代のもとで完全に失われていったのである[8]。天正19年(1591年)には秀吉から京都七条堀川の地に寺地を与えられたことでさらなる移転を余儀なくされ、この新天地での本願寺教団の再興を期したが、翌天正20年(1592年)11月24日に50歳で示寂した[1]

顕如が没すると、石山本願寺退去時に信長への対応をめぐって和睦派の顕如と意見を異にした強硬派の長男教如に替えて、三男の准如が12世宗主に立てられることになった。教団内部での対立が進行する中、徳川家康により京師に新たな寺地が寄進されたことを受けて、教如と彼を支持する勢力は慶長7年(1602年)に独立して東本願寺を設立した。こうして本願寺は准如の西本願寺と教如の東本願寺とに分裂することになった。

伝記編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ グレゴリオ暦換算。1582年10月14日以前の暦はユリウス暦だが、本願寺派ではグレゴリオ暦で遡った生年を用いていることに準拠。
  2. ^ 庭田重親の母・祐心は、本願寺第8世・蓮如の十女(顕能尼は祐心の孫にあたる)。証如の父母も双方蓮如の孫であるため、顕如は三つの血統から蓮如の血を引く。
  3. ^ 如春尼の実父は三条公頼だが、本願寺との縁戚関係の構築を望む細川晴元の意向により、晴元の猶子となった。その後さらに六角定頼の猶子となっていた。また、顕如の猶父である九条尚通の義父三条西実隆(顕如には義理の外祖父に相当する)は三条家の分家の出身であり、本願寺との縁戚関係の強化を望む九条尚経の関与も指摘されている[2]
  4. ^ 細川晴元は六角定頼の娘婿であり、両者はかつて享禄の錯乱の際に連合して山科本願寺を焼き払った。その後の政情の変化によって本願寺との和解に迫られた両者は、顕如誕生の翌年には証如に縁談を持ちかけており父親の証如を困惑させているが最終的にこれに応じた(『天文日記』天文13年7月26・30日・閏11月7日・天文15年6月22日各条)[3]
  5. ^ 斯波義銀の実弟である蜂屋謙入の誤伝とする説もある[7]
  6. ^ 蓮如十男・実悟の長子。

出典編集

  1. ^ a b c 顕如』 - コトバンク
  2. ^ a b 水野智之「足利義晴~義昭における摂関家・本願寺と将軍・大名」(初出:『織豊期研究』12号(2010年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  3. ^ 水野智之『室町時代公武関係の研究』(吉川弘文館、2005年) ISBN 978-4-642-02847-9 P253-257・320-321)
  4. ^ 太田光俊「本願寺〈門跡成〉と〈准門跡〉本願寺」永村眞 編『中世の門跡と公武権力』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-251-3
  5. ^ 『完訳フロイス日本史』5 第4章「大坂城と新市街の建設について」
  6. ^ 『完訳フロイス日本史』5 第13章「薩摩国に対抗し、関白が下(しも)の地方へ向かい出発したことについて」
  7. ^ 木下聡「斯波氏の動向と系譜」(所収:木下聡 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第一巻 管領斯波氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-146-2
  8. ^ 鍛代敏雄「摂津中島本願寺寺内町考」(初出:『地方史研究』206号(1987年)/所収:『中世後期の寺社と経済』(思文閣出版、1999年)第二編第四章「寺内町の解体と再編」)

関連項目編集

関連作品編集