朱 文圭(しゅ ぶんけい、1401年 - 1457年)は、皇族。第2代皇帝建文帝の次男。

生涯編集

1402年に大叔父の永楽帝によるクーデター靖難の変)で父が敗れて行方不明になる。このとき2歳だった朱文圭は永楽帝より助命はされたが、建庶人に降格されて、皇族の籍を剥奪され、以後はずっと幽閉された。

はるか後の1457年奪門の変が起こり、英宗重祚すると、このとき出された恩赦によって57歳にして罪を許され、皇族として復帰し、妻を娶り行動の自由も許されたが、間もなく病没した。

明滅亡後の亡命政権南明の歴代皇帝から、潤懐王または原懐王を受けた[1]

脚注編集

  1. ^ 『思文大紀』巻4及び『南明史』巻7では紹宗から潤懐王、同じく『南明史』巻7では安宗から原懐王の諡号を贈られたと記されている。

参考文献編集