朴 在慶(パク・チェギョン、박재경、1933年6月10日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国軍人政治家朝鮮人民軍大将。朝鮮反帝闘士老兵委員会委員長。

朴在慶
박재경
生誕 1933年6月10日
咸鏡北道
所属組織 朝鮮人民軍
最終階級 朝鮮人民軍大将
テンプレートを表示
朴在慶
各種表記
ハングル 박재경
漢字 朴在慶、朴在京、朴載慶
発音: パク・チェギョン
日本語読み: ぼく・さいけい
テンプレートを表示

来歴編集

咸鏡北道に生まれ、金日成軍事総合大学を卒業した[1]1985年2月少将・総政治局宣伝部長[2]1989年第4軍団政治委員[2]1993年中将[2]1994年6月には上将[2]と矢継ぎ早に昇進し、同年9月総政治局宣伝扇動担当副総局長[2]1997年2月大将[2]2007年人民武力部対外事業担当副部長[2]となる。

金正日の現地指導に頻繁に随行する最側近の一人とされ[1]、軍内での金正日とその夫人高英姫の偶像化に邁進した[3]。金正日の死後、高英姫の息子である金正恩が権力を継承すると、2012年総政治局宣伝扇動担当副総局長に復帰した[3]

1993年12月朝鮮労働党中央委員会候補委員(補選)[2]1995年8月候補委員[2]2010年9月委員[2]

1998年9月最高人民会議第10期代議員[2]2003年9月第11期代議員[2]2009年4月第12期代議員[2]金日成呉振宇延亨黙朴成哲趙明禄金正日李乙雪の国家葬儀委員会委員[2]2018年8月に朝鮮反帝闘士老兵委員会副委員長に任命され、2019年5月に同委員会委員長に昇進した。

人物編集

  • 韓国では、2000年9月に金正日の特使の一員としてソウルを訪問したことでも知られている[1][3]
  • 1968年青瓦台襲撃未遂事件で捕虜となって韓国に帰順した金新朝によれば、朴も襲撃部隊(第124部隊)の生存者であり、追及を逃れて帰国を果たしたという[1]。事実であれば当時偵察局要員だったことになるが、1985年以前の詳しい経歴は確認されていない[1]

参考資料編集