杉本 喜代志(すぎもと きよし、1942年2月3日 - )は、日本国際的なジャズギタリスト[1]1970年代トップ・プレイヤーのひとりであり[2]スタジオ・ミュージシャンとして、ジャズ・ロックJ-POPアニメソング歌謡曲などのレコーディングに参加している。

杉本 喜代志
生誕 (1942-02-03) 1942年2月3日(80歳)
ジャンル J-POP
カントリー・ミュージック
ジャズ
職業 ギタリスト
スタジオミュージシャン
担当楽器 ギター
活動期間 1960年代 -

経歴編集

静岡県生まれ[1]。小学6年の時、ミュージシャンを志していた父親から子供用の小ぶりなギターを買い与えられる。

高校1年生の夏休み、女流クラッシック・ギタリストに弟子入りするため、夜汽車に乗って上京した。その車中で「ボクどこ行くの」とギターを抱えている杉本に声をかけてきた男性がいた。その男性は東京交響楽団チェロ奏者でギターも演奏する浅井という人物で、「ジャズ・ギタリストになりたい」との思いを聞いた浅井は、品川にある自宅に杉本を招き、そして紹介されたのが奥田宗弘である。

人気ダンスバンド「奥田宗宏とブルースカイ・オーケストラ」のバンドボーイの仕事を紹介してもい、しばらくその仕事をしていたある日、奥田から「小坂一也のバンドで2代目ギター募集しているからやってみたらどうだ」と勧められ、1960年代はじめに、カントリー音楽小坂一也&ワゴン・マスターズ(同メンバーにかまやつひろしも在籍していた)参加する。加入後「水原弘ブルーソックス」「ジョージ大塚とザ・サンダーバード」「山下敬二郎と東京ヤンキース」とロカビリー・バンドを展開していた。その後、吉屋潤グループなどでもギタリストとして活動した[1]。自らのグループを組みつつ、スタジオ・ミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加した[1]。その後、ようやくジャズにたどり着き、「大沢保郎トリオ」、「岡崎広志とスター・ゲイザーズ」、「石川晶とカウント・バッファローズ」、「日野皓正グループ」、自己コンボを経て、リーダーカルテット「カントリー・ドリーム」杉本喜代志(ギター)、鈴木宏昌(ピアノ)、池田芳夫(ベース)、日野元彦(ドラム)で発表する。

1970年、「日野皓正クインテット」に参加。

1971年、「ベルリン・ジャズ・フェスティバルドイツ語版」「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」「ニューヨーク カーネギー・ホール」出演を果たし[3]、当時MCをしていたイソノテルオは「日本人で初めてのカーネギー出演だ!!」と興奮していた。

この時期のリーダー・アルバム『バビロニア・ウインド』は、杉本喜代志(ギター)、植松孝夫(テナーサックス)、市川秀男(ピアノ)、池田芳夫(ベース)、日野元彦(ドラム)という面々で発表された。クレジットにはないがパーカッションを叩いているのは日野皓正

1978年発表のアルバム『L.A.マスター』は、ニューヨークでの生活を終え日本に戻っていた杉本が「クロスオーバー」「フュージョン」というサウンドを経験していたこともあり、清水靖晃(アルトサックス)、富樫春生(キーボード)、岡沢章(ベース)、渡嘉敷祐一(ドラム)、杉本喜代志(ギター)というメンバーですぐにレコーディングされている。

1981年、ウォーレン・バーンハート(ピアノ)、マーカス・ミラー(ベース、グラミー賞受賞者)、オマー・ハキム(ドラム)、大野俊三(トランペット、グラミー賞受賞者)、杉本喜代志(ギター)というメンバーで、アルバムに収める楽曲6曲のオリジナルを1週間で書き下ろしたのがアルバム『ワン・モア』。

2001年、20年ぶりのリーダー・アルバム『サーキュレーション』は、グレッグ・バンディ(ドラム)、シンシア・マリ(ボーカル)、KANKAWA(オルガン)、杉本喜代志(ギター)というメンバーでライブ・レコーディング。オルガン奏者KANKAWAプロデュース作品。

2004年、森山威男(ドラム)、高水健司(ベース)、杉本喜代志(ギター)、笹路正徳プロデュースによる『バッテリーズ・ノット・インクルーテッド』を発表。「ドラムの森山威男さんと杉本さんの双頭バンドで作品を作りませんか? ベースは高水健司です」と笹路から誘いの連絡があって実現したのがこの作品。

2019年、病気治療のため活動休止していたが再始動にラテンジャズ『Arcadia』で復活。メンバーは、石川勇人(ドラム)、福本純也(ピアノ)、荒川B琢哉(パーカッション)、勝矢匠(ベース)、杉本喜代志(ギター)。

2020年2月、60年のキャリアで初となる「Birthday Live」を新宿 Jazz Spot J で行った。お祝いに、大野えり(ボーカル)、渡嘉敷祐一(ドラム)らが駆けつけた。

エピソード・その他編集

  • 渡辺貞夫からのグループ加入の誘いを断ったことがある。この時、代わりに加入したのが増尾好秋
  • 渡辺香津美が弟子入りを志願したが、多忙を極めていた時期と重なり断ったのは有名な話。
  • ギタリスト直居隆雄、岩見淳三、水口昌昭らは高校生のころから杉本の追っかけをやっていた。
  • エレキベーシストのグレッグ・リーの仲人は杉本喜代志。
  • 筒美京平のファーストコールミュージシャンであり、お気に入りのプレイヤーの一人であった。
  • フランク・ウエスは“ゴキゲン”と称した。
  • 作家の村上春樹とは、若いころに交流の経験があり、村上の著書『職業としての小説家』において記載がある。
  • 甥には、教育哲学者、福祉心理学者、経営倫理学者の望月雅和[4]がいる。
  • 旭川 LIVE JAM には、`86・88・89・91・92年に出場。`86は ルー・ドナルドソン・カルテット の一員として参加。

ディスコグラフィ編集

アルバム(リーダー作品)編集

発売日 レーベル 規格 規格品番 タイトル 備考
1970年3月1日 日本コロムビア LP XMS-10024 COUNTRY DREAM
1979年 日本コロムビア LP YS-7516
2007年2月21日 日本コロムビア CD(紙ジャケ) COCB-53631 2007年デジタルリマスター盤
2014年8月20日 日本コロムビア CD COCB-54116[5]
1971年 ビクター LP JMC-5036 Rock Joy In Guitar
2018年11月28日 ビクター SHM-CD VICJ-70048[6]
ビクター 配信
1972年 日本コロムビア LP XMS-10037-J Babylonia Wind
2007年3月16日 日本コロムビア CD(紙ジャケ) PCD-7286[7]
2015年8月12日 日本コロムビア LP HMJY-104
1972年4月25日 日本コロムビア LP JDX-69 GUITAR METHOD
2012年10月10日 日本コロムビア CD COCB-54025[8]
1973年10月25日 Kiva LP KV-102 ライブ

※ 六本木 Mingos Musicoにて収録

1975年5月25日 日本コロムビア LP KZ-7505 OUR TIME
2012年9月5日 日本コロムビア CD COCB-54013[9]
1978年6月5日 東芝EMI/Express LP ETP-80020[10] L.A. Master
1981年1月25日 日本コロムビア LP YF-7007 ONE MORE
2013年6月26日 日本コロムビア CD COCB-54064[11]
2001年5月23日 Highways Records CD TKCU-77085 CIRCULATION

参加作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d CDジャーナル (2017年6月27日). “アーティスト詳細 杉本喜代志”. タワーレコード. 2020年2月6日閲覧。
  2. ^ a b “フランキー堺しのぶ企画続々 ボーカルアルバム復刻”. 朝日新聞・夕刊: p. 11. "彼自身が選曲や楽団編成を決め、ピアノの八木正生、ギターの杉本喜代志、サックスの西条孝之介ら当時のトッププレーヤーを起用、自らドラムもたたいている。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ CDジャーナル (2017年6月27日). “アーティスト詳細 杉本喜代志”. タワーレコード. 2020年2月6日閲覧。
  4. ^ 望月雅和編著 『山田わか 生と愛の条件』現代書館http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-5822-8.htm 
  5. ^ 杉本喜代志 カントリー・ドリーム”. 日本コロムビア. 2020年2月6日閲覧。
  6. ^ 杉本 喜代志”. ビクターエンタテインメント. 2020年2月6日閲覧。
  7. ^ バビロニア・ウインド 杉本 喜代志”. billboard JAPAN/阪神コンテンツリンク. 2020年2月6日閲覧。
  8. ^ 杉本喜代志 ギター・メソード”. 日本コロムビア. 2020年2月6日閲覧。
  9. ^ 杉本喜代志 アワー・タイム”. 日本コロムビア. 2020年2月6日閲覧。
  10. ^ Kiyoshi Sugimoto – L.A. Master - Discogs (発売一覧)
  11. ^ 杉本喜代志 ワン・モア”. 日本コロムビア. 2020年2月6日閲覧。

外部リンク編集