山下 敬二郎(やました けいじろう、本名:山下 啓次郎(やました けいじろう)、1939年2月22日 - 2011年1月5日[1])は、東京都出身のロカビリー歌手。

山下敬二郎
生誕 1939年2月22日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2011-01-05) 2011年1月5日(71歳没)
ジャンル ロカビリー
職業 歌手
担当楽器
事務所 渡辺プロダクション
共同作業者 サンズ・オブ・ドリフターズ

人物・略歴編集

父は落語家・喜劇俳優の柳家金語楼、異母兄は作家・演出家の山下武、実妹は女優声優有崎由見子。祖父は三遊亭金勝。叔父は先代昔々亭桃太郎

ウイリー沖山の弟子を経て、初期ドリフターズ(サンズ・オブ・ドリフターズ)でボーカルを務める。

創立間もない渡辺プロダクションの専属になり、1958年2月に開かれた第1回日劇ウエスタンカーニバルで大々的に売り出される。

持ち歌はポール・アンカの「ダイアナ」の日本語カヴァーで、平尾昌晃ミッキー・カーチスと共に「ロカビリー三人男」と呼ばれ、一世を風靡した。

5度の結婚歴があり、5人目の妻の山下直子1991年、26歳の年齢差で結婚)とのステージを中心に、セルフ・プロデュースでカントリー・ウエスタンCDを発表するなど、ベテランの域に達しても音楽活動を展開していた。

2008年には第50回日本レコード大賞功労賞を受賞。

2009年10月25日ボクらの時代」(フジテレビ)に平尾昌晃、ミッキー・カーチスと出演。

2010年11月末から胆管がんで入院していたが、2011年1月5日に胆管がんによる腎不全のため東京都町田市の病院で死去した[1]。71歳没[1]。戒名は啓光院慈徳良道居士[2]。山下の訃報に、長年の友人であった平尾昌晃は「ロカビリー三人男は永遠に不滅。53年間一緒にやれて有難う」と追悼の辞を贈った[3]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • バルコニーに坐ってダイアナ(1958年4月、JP-5008)
  • クレイジー・ラヴ/愛しておくれ(1958年7月、JP-5010)
  • テレビ塔音頭(朝丘雪路と)/テレビ塔の見える道(大江洋一)(1958年11月、JP-1003)
  • 敬ちゃんのジングルベル/ブルー・クリスマス(1958年11月、JP-5017)
  • 国境の南/打明けるのが遅かったかい(1959年1月、JP-5015)
  • 青春ハイ・スピード/片想い(中島潤)(1959年2月、JP-1010)
  • 北風を衝く男/俺は夢見る旅鳥(1959年2月、JP-1018)
  • 恋の片道切符/褐色のブルース(渡辺晋とシックスジョーズ)(1960年2月、JP-5034)
  • それが男というものさ/うき藻小唄(朝丘雪路)(1960年7月、JP-1174)
  • バッファローマーチ/死ぬほど愛して(朝丘雪路)(1960年7月、JP-5040)
  • 恋の手ほどき/こわれた恋(旗輝夫)(1960年7月、JP-1175)
  • 花子さん/ほんとにほんとにご苦労ね(1961年5月、JP-1275)
  • 純情愚連隊/母を慕うブルース(1961年7月、JP-1278)
  • 恋はやさしい野辺の花/ディアボロの歌(1961年8月、JP-5075)
  • 白い夜霧のブルース/今日の涙は明日の虹さ(1961年12月、JP-5095)
  • ブロンコ/マーベリック(1962年2月、JP-5097)
  • ヤング・ワールド/クライ・クライ・クライ(1962年6月、JP-5124)
  • 可愛いティーズ/スチールギターとワイングラス(1962年7月、JP-5138)
  • 涙の紅バラ/二人のメロディー(1962年10月、JP-5157)
  • 家へかえろう/可愛いダイアン(1962年12月、JP-5166)
  • 愛しているなら/遠くで愛して(1970年、CD-74)
  • 青春無情/明日は帰るよ(1972年、BS-1574)
  • ダイアナ/バルコニーに坐って(1977年、ETP-10304)
  • バイ・バイ・ブルース/僕のベッドへおいで(1977年、RVS-1081)
  • エルビスは永遠/ロッカ・バイ・エルビス(平尾昌晃と)(1977年、RVS-1096)
  • 上陸!ロックン・ロール・タイフーン/聖者の行進(1977年、08SH 158)(平尾昌晃、ミッキーカーチスと)
  • 男と汽車と古い地図/なごり(1980年7月、RD-4004)
  • あいつと俺/酒飲み男の子守唄(1983年、AH-362)

アルバム編集

  • 敬ちゃんのロック(1960年、JP0-1065)
  • しゃれ男(1961年、JP0-1096)
  • 涙の紅バラ(1962年、JP0-1236)
  • ロックンロール野郎(1977年、RVL-6519)

出演映画編集

  • 現代無宿(松竹、1958年5月)
  • 空かける花嫁(松竹、1959年1月)『青春ハイスピード』
  • 青春を賭けろ(東宝、1959年7月)
  • 檻の中の野郎たち(東宝、1959年8月)
  • 山の彼方に(東宝、1960年2月)
  • 女は抵抗する(東宝、1960年3月)
  • 恋と太陽とギャング(東映、1962年3月)『白い夜霧のブルース』

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集