ふと、或る夜、生き物みたいに歩いているので、演奏家たちのOKをもらった

ふと、或る夜、生き物みたいに歩いているので、演奏家たちのOKをもらった』(ふと あるよる いきものみたいにあるいているので えんそうかたちのオーケーをもらった)は、1980年12月21日に発表された、浅川マキの12作目のアルバムである。

ふと、或る夜、生き物みたいに歩いているので、演奏家たちのOKをもらった
浅川マキライブ・アルバム
リリース
録音 アケタの店
FM放送局
京大西部講堂
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
浅川マキ アルバム 年表
ONE
(1980年)
ふと、或る夜、生き物みたいに歩いているので、演奏家たちのOKをもらった
(1980年)
マイ・マン
(1982年)
特記事項:一部スタジオ録音音源あり
テンプレートを表示

2011年6月15日、紙ジャケット仕様でリマスタリングの上、初CD化された(規格品番:TOCT-27072)。

解説編集

  • 西荻窪アケタの店(1980年2月)、FM放送局(1979年1月・放送局不明)、京大西部講堂(1980年6月)で録音された音源をまとめた作品である[1]
  • You Don't Know What Love Is 」を除き、過去の作品のライヴ録音である。
  • 紙ジャケット盤での再発CDに納められた歌詩[2]カードは、オリジナルレコード(LP盤)の歌詩カードを復刻したものである。

収録曲編集

Side A編集

  1. 今夜はおしまい
    • 作詩[3]・作曲:浅川マキ
    アルバム『MAKI VI』からのリメイク
  2. 二人の女のうた
    • 作詩・作曲:浅川マキ
    アルバム『流れを渡る』からのリメイク。
  3. あなたに〜 You Don't Know What Love Is
    • あなたに/作詩・作曲:浅川マキ
    アルバム『流れを渡る』からのリメイク。
    • You Don't Know What Love Is/作詩:G.Depaul/作曲:D.Raye
  4. あの男(ひと)が死んだら WHEN THAT MAN IS DEAD AND GONE
    • 作詩・作曲:Jruing Berlin/日本語詩:浅川マキ
    アルバム『裏窓』からのリメイク。

Side B編集

  1. ボロと小鉄〜あの男がピアノを弾いた
    • ボロと小鉄/作詩:Oscer Brown Jr./作曲:N.Cautis-O.Brown Jr./日本語詩:浅川マキ
    アルバム『MAKI VI』からのリメイク。
    • あの男がピアノを弾いた/作詩・作曲:浅川マキ
    アルバム『ONE』からのリメイク。
  2. ふしあわせという名の猫
    アルバム『浅川マキの世界』からのリメイク。

演奏者編集

スタッフ編集

Special Thanks To

STAFF

脚注・出典編集

  1. ^ CD2011年6月15日発売、規格品番:TOCT-27072、ライナーノートより。
  2. ^ 浅川マキは「詞」という表現を好まず、「」を用いていた。故に誤記ではない。
  3. ^ 浅川マキの作品はすべて「作詞」ではなく「作詩(日本語詩)」とクレジットされているので、誤記ではない。
  4. ^ JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 検索結果