李 厚洛(イ・フラク、ハングル:이후락、日本語読み:り こうらく、 1924年2月23日 - 2009年10月31日)は、韓国政治家である。

李厚洛
이후락
I Hu-rak, June 1973.jpg
1973年
生年月日 (1924-02-23) 1924年2月23日
出生地 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮 慶尚南道蔚山郡
没年月日 (2009-10-31) 2009年10月31日(85歳没)
死没地 大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市江東区
出身校 アメリカ陸軍指揮幕僚大学卒業

大韓民国の旗 国会議員
(第10期・蔚州郡
選挙区 蔚州郡
在任期間 1979年3月12日 - 1980年10月27日

在任期間 1970年12月21日 - 1973年12月3日
大統領 朴正煕

在任期間 1970年1月 - 1970年12月
大統領 朴正煕

大統領 朴正煕
テンプレートを表示

人物編集

慶尚南道蔚山郡(現在の蔚山広域市)生まれ。1942年、蔚山農業学校を卒業、翌1943年に九州大刀洗陸軍飛行学校に入隊したが、第二次世界大戦の終戦後に帰国。1946年3月23日付で軍事英語学校を卒業して少尉に任官(10079番)[1]。第5連隊B中隊(中隊長:李致業少尉)小隊長[2]。1949年、陸軍参謀学校卒業。1950年3月に来日して第25師団で研修を受けていたが[3]朝鮮戦争が勃発すると帰国。1951年、陸軍本部情報局次長。同年9月、兵科教育のため渡米[4]。1952年、アメリカ陸軍兵站学校卒業。陸軍本部兵站監[5]。同年、准将に昇進。1954年、教育総本部参謀長。1957年、駐アメリカ大使館付武官。1959年、第79機関長。1961年1月、予備役編入。

朴正煕により国家再建最高会議広報室長に任命されたことが、政界入りのきっかけである。

第三共和国では大統領秘書室長、駐日本大使、[6] 第四共和国初期には韓国中央情報部長を務めた。1971年大韓民国大統領選挙では朴正煕陣営の総指揮を振るった。

1972年5月2日、密かに平壌を訪れ、金日成と2度にわたり会談。韓国に帰った後の7月4日ソウルで韓国側当事者として南北共同声明を発表した。

1973年金大中事件のために中央情報部長を解任された。事件に深く関与しているとされている。

1978年に国会議員に無所属で立候補、当選した(当選後に民主共和党に入党)。1979年、朴正煕が暗殺されると、政界を去った。その後は隠遁生活に入り、2009年10月31日脳腫瘍老人性疾患によりソウル市内の病院で死去[7]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、88頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、149頁。
  3. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 中巻』、101頁。
  4. ^ “兵科敎育(병과교육) 習得次(습득차) 李(이) 大領(대령) 引率下(인솔하), 國軍(국군) 將校團(장교단) 渡美(도미)” (朝鮮語). 부산일보. (1951年9月14日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19510914000043 2020年2月12日閲覧。 
  5. ^ 白善燁. 군과 나. pp. 296 
  6. ^ 最初の首席秘書官会議をメディア公開…変化した青瓦台 中央日報 2015年03月02日
  7. ^ “元KCIA部長、李厚洛死去…金大中事件核心握る”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年10月31日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091031-OYT1T00876.htm 2009年11月1日閲覧。 

外部リンク編集

外交職
先代:
厳敏永
  駐日大韓民国大使
第3代:1970
次代:
李澔
公職
先代:
金桂元
  大韓民国中央情報部
第6代:1970. 12. 21 - 1973. 12. 3
次代:
申稙秀
先代:
金元圭
崔炯宇
  大韓民国国会議員(蔚山市·蔚州郡)
無所属、崔炯宇とともに
1979 - 1980
次代:
李奎禎
高元準