李成(り せい)は、中国の人物。


喬松平遠図

李成(り せい、919年 - 967年頃)は、五代北宋初期の山水画家。咸熙

青州営丘県(現在の山東省濰坊市昌楽県)の人。の宗室の末裔とも言われる。祖父の蘇州刺史李鼎の代に営丘に移り住んだ事から李営丘ともいう。

生涯編集

李瑜の子として生まれた。後周顕徳3年-5年に、枢密使の王朴に招かれて開封に出たが、王朴が没したため志を得ず、仕官を断念したが、開封での画名は高くなった。北宋乾徳年間に、同郷の衛融という高官が陳州(現在の河南省周口市)の刺史となり、李成を招いた。李成は一家で宛丘に移住しそこで逝去した[1][2]

北宋初期には范寛関同と並んで「三家鼎峙」とも言われ、多く淡墨の山水を描いて「惜墨如金」ともよばれ、夢霧の如しとも言われた。のち、郭煕などがその画風を継承した。また、を李郭派と呼んでいる。李成の絵画は、李成の子孫が回収してしまったためか、北宋後期、米芾の時代ですら、既に真蹟はほとんど無く、米芾は「無李論をつくりたい」とさえ述べている。模写や流派作で李成の画風を推定するしかない。遼寧省博物館の茂林遠岫図巻が、かなり李成の画風を伝えていると考えられている。また、米国ネルソン・アトキンス美術館の晴巒蕭寺図は、李成の伝承をもつが、むしろ宋時代の范寛派の作品だと考えられている[3]。日本では、「喬松平遠図」(澄懐堂美術館)が伝世の中で最もよくその画風を伝えるとされている。[要出典]

注釈編集

  1. ^ 東京国立博物館 1982
  2. ^ 新藤 1989
  3. ^ 新藤 1989

参照編集