メインメニューを開く

村上 啓作(むらかみ けいさく、1889年明治22年)6月16日 - 1948年昭和23年)9月17日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

村上 啓作
Keisaku Murakami.jpg
生誕 1889年6月16日
日本の旗 日本 栃木県
死没 (1948-09-17) 1948年9月17日(59歳没)
クラスノゴルスクの収容所
所属組織 日本陸軍
軍歴 1910 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

栃木県出身。農業・村上角次の四男として生れる。陸軍中央幼年学校予科中央幼年学校本科を経て、1910年5月、陸軍士官学校(22期)を優等で卒業し、同年12月、歩兵少尉に任官し近衛歩兵第3連隊付となる。1916年11月、陸軍大学校(28期)を優等で卒業した。

陸軍技術審査部付(軍事調査部)、歩兵第3連隊付(ロシア出張)、ロシア駐在、陸大教官、兼参謀本部員、参謀本部員、陸大教官、陸軍省軍務局課員(軍事課)、歩兵第34連隊長、陸軍歩兵学校教導隊長、陸軍省兵務課長などを歴任し、二・二六事件当時は軍事課長であった。陸大教官を経て、1937年8月、陸軍少将に進級。

関東軍司令部付を経て、1939年10月、陸軍中将となる。日中戦争では第39師団長として出征し、宜昌作戦に従事した。陸軍科学学校長、参謀本部付、総力戦研究所長、陸軍公主嶺学校長、関東軍司令部付などを歴任し、1944年11月、第3軍の最後の司令官に就任し、延吉で終戦を迎えた。戦後、シベリア抑留となり、1948年9月、クラスノゴルスクの収容所で病死した。

年譜編集

  • 1910年5月28日 - 陸軍士官学校(22期恩賜)卒
  • 1916年11月25日 - 陸軍大学校(28期恩賜)卒
  • 1937年8月2日 - 陸軍少将
  • 1939年10月2日 - 陸軍中将・第39師団長
  • 1944年11月22日 - 第3軍司令官
  • 1948年9月17日 - クラスノゴルスクの収容所で病死

評価編集

陸大47期首席で、陸軍及び陸上自衛隊で要職を務めた高山信武は、村上から直接教えを受けたことはないものの、その著作や令名にしばしば触れており、村上を昭和初期における日本兵学の最高権威と称しても過言ではないとしている。[1]

家族親族編集

  • 妻 村上晴 木越安綱(陸軍中将男爵)の娘
  • 義兄弟 木越専八(陸軍少将)・木越二郎(陸軍大佐

著作編集

  • 戦争要論』 陸軍大学校将校集会所、1915年
復刻版、東京都防衛協会編、1968年。
復刻版 『統帥綱領・統帥参考』 防衛教育研究会編、田中書店 1983年。

脚注編集

  1. ^ 上法快男編、高山信武著、『続・陸軍大学校』芙蓉書房 1978年