メインメニューを開く

東アジア競技大会

東アジア大会から転送)

東アジア競技大会(ひがしアジアきょうぎたいかい、英語名:East Asian Games)は、東アジア競技大会連合(East Asian Games Association)が主催する4年に1回、アジア競技大会夏季オリンピックとの間の奇数年に開催していた総合競技大会である。

目次

歴史編集

かつては東アジアでも極東選手権競技大会という地域内総合体育大会が開催されていたが、戦争などにより中断を余儀なくされた。以降、このような大会は行なわれていなかったが、1991年日本オリンピック委員会 (JOC) が、「東アジア地域のスポーツ交流を盛んにし競技力の向上を図ること、この地域のオリンピック・ムーブメントの発展に貢献すること」を目的に、総合競技大会を提案。翌1992年に第1回大会開催地に中国上海に決定。1993年に第1回大会が開催された[1]

だが、トップ選手の参加が進まなかったため、2019年の大会より大会名が東アジアユースゲームズとなり、14歳から18歳までが対象で、競技数も24から最大12となることが決まる[2][3]

日本、中国、韓国北朝鮮香港マカオモンゴル中華台北台湾)、グアムなどの国・地域が参加する。

開催地編集

実施競技編集

競技 1993 1997 2001 2005 2009 2013
飛込競技  
競泳  
シンクロナイズドスイミング  
陸上競技  
バドミントン   - -
野球  
バスケットボール  
ボウリング  
ボクシング  
ビリヤード  
BMX  
サイクルフィギュア
サイクルサッカー
ロードレース  
トラックレース  
競技ダンス  
ドラゴンボート  
サッカー  
体操競技  
ハンドボール  
フィールドホッケー   d
柔道  
空手道  
ボート競技   d d
7人制ラグビー  
射撃  
ソフトテニス  
スカッシュ  
卓球  
テコンドー  
テニス  
バレーボール  
重量挙げ  
ウィンドサーフィン  
レスリング  
武術太極拳  

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集