メインメニューを開く

東二見駅

日本の兵庫県明石市にある山陽電気鉄道の駅

東二見駅(ひがしふたみえき)は、兵庫県明石市二見町東二見藤寄にある山陽電気鉄道本線。駅番号はSY 25

東二見駅
東二見駅(南口)
東二見駅(南口)
ひがしふたみ
Higashi-futami
SY 24 山陽魚住 (1.7km)
(1.3km) 西二見 SY 26
兵庫県明石市二見町東二見藤寄417-9
駅番号 SY 25
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 27.3km(西代起点)
梅田から64.4km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
4,389人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)8月19日
テンプレートを表示

東二見駅
配線図

山陽魚住駅

5 4 3 2 1


STRg STRf
ABZgl ABZg+r
BUE BUE
STR+l ABZgr ABZgl STR+r
STR+l
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR ABZgl ABZg+r ABZg+l STRr
STR STR ABZgl ABZg+r
KDSTe KDSTe STRg STRf

西二見駅

全ての列車が停車する。駅の西側(姫路方向)に東二見車両基地があり、早朝、夜間や一部時間帯にはこの駅を始終点とする列車も設定されている。

目次

駅構造編集

島式3面5線のホームを持つ橋上駅。定期券発売所、コインロッカー(改札外)、フレンズショップ(駅売店)がある。改札口は1ヶ所のみ。南北双方に入口がある。

改札口とホームおよび駅入口を結ぶエレベーターが2008年6月に完成。また、駅周辺も駐停車場や市営有料駐輪場等が整備され、市西の玄関口としてバリアフリー化が進んでいる。かつては駐輪場がなく、駅周辺に放置自転車が多数あり、問題となったが、改善された。

2011年冬に駅南側旧浜国道をまたぐ歩道橋が東二見駅橋上駅舎と直結で整備された。

山陽電鉄では初導入となる液晶式(LCD)の発車標を改札口とホームに備えている。

のりば編集

1・2  本線 下り 高砂飾磨姫路方面
3・4 上り 明石三宮梅田方面
5 予備ホーム

内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。

4番線の線路は、3・4番線ホームと5番線ホームに挟まれている。その5番線ホームは駅舎から繋がっていないため、通常は立ち入ることができず、一部の上り普通列車が当駅で車両交換を行う際にのみ使われる。その際に当駅止となる交換元列車が4番線に入り両扉を開放した上で、車庫より5番線に入線した交換先の列車へ連絡する。この場合、当駅からの乗客は4番線の当駅止列車を通り抜けて5番線の列車に乗ることになる。(姫路方面から入線した場合、車庫への入庫が4番線しか対応していない為。)

1番線・2番線からは神戸方面へ、3番線・4番線からは姫路方面への出発も可能であるが現行ダイヤでは設定が無い。
上り列車が東二見車庫へ入庫する場合は4番線に入線する。

上りは当駅の次は須磨東須磨まで終着駅が無いため、終電が早い(直通特急は23時24分発阪神尼崎行、普通は23時34分発の東須磨行が最後)。

逆に下りについては終着駅が多いので日付変更後まである。(姫路行は23:58発S特急と0:10発直通特急、飾磨行は0:11発普通、高砂行は0:26発の普通がある。)

乗務員は、一部を除き当駅で交代する。

接続バス路線編集

南側(浜国)編集

山陽バス
  • 71系統:西二見・西二見駅経由 南二見行
神姫バス
  • 国道土山・稲美中央公園経由 上新田北口行
Tacoバス
(12) 西岡東ルート 二見市民センター・ふれあいプラザあかし西・ぼたん寺口・山陽魚住駅経由西二見駅・ JR魚住駅
(17) 二見・左回りルート 城之上西・二見市民センター・山陽東二見駅(当駅)・イトーヨーカドー・西二見駅・岡の下経由 JR土山駅南口行

北口編集

Tacoバス
(16) 二見・右回りルート 二見中学校・中の又経由 JR土山駅南口行

利用状況編集

乗降者数 8,097人(2009年11月10日調査)加古川市播磨町民の乗客のほとんどが、ここで乗り換える(加古川市内に直通特急などの停車する駅が存在しないため)。そのため、山陽電鉄全線中10位以内に入る主要駅となっている。
以下に各年の乗降客数を示す。

年度 乗車人員総数 内 定期利用者数 出典
人/日 増減 順位 人/日 増減 利用率 順位
1956(S31) 3,225 [1]
1957(S32)
1958(S33)
1959(S34) 3,685 [2]
1960(S35) 3,995 8.42% [3]
1961(S36) 4,369 9.36% [4]
1962(S37) 4,914 12.46% [4]
1963(S38) 5,391 9.71% [4]
1964(S39) 5,933 10.05% [4]
1965(S40) 6,071 2.33% [4]
1966(S41) 6,121 0.81% [5]
1967(S42) 6,255 2.19% [5]
1968(S43) 6,455 3.20% [5]
1969(S44) 6,671 3.35% [5]
1970(S45) 6,652 -0.29% [5]
1971(S46) 6,548 -1.57% 4,805 73.39% [6]
1972(S47) 6,611 0.96% 4,956 3.14% 74.97% [7]
1973(S48) 6,614 0.04% 4,942 -0.28% 74.73% [8]
1974(S49) 6,899 4.31% 5,227 5.76% 75.77% [9]
1975(S50) 6,786 -1.63% 5,074 -2.94% 74.77% [10]
1976(S51) 6,326 -6.78% 4,729 -6.80% 74.75% [11]
1977(S52) 6,559 3.68% 4,879 3.19% 74.39% [12]
1978(S53) 6,523 -0.54% 8/48 4,879 0.00% 74.80% [13] [14] [15] [16] [17] [18]
1979(S54) 6,427 -1.47% 8/48 4,737 -2.92% 73.70% [13] [19] [15] [16] [17] [20]
1980(S55) 7,022 9.25% 7/48 5,367 13.30% 76.43% [13] [21] [15] [16] [17] [20]
1981(S56) 5,304 -24.46% 10/48 5,304 -1.17% 100.00% [13] [22] [23] [24] [17] [20]
1982(S57) 7,019 32.33% 7/48 5,340 0.67% 76.07% [25] [26] [23] [24] [27] [20]
1983(S58) 6,992 -0.39% 7/48 5,219 -2.26% 74.65% [25] [26] [23] [24] [28] [20]
1984(S59) 6,888 -1.49% 7/48 5,123 -1.84% 74.38% [25] [26] [23] [24] [28] [29]
1985(S60) 6,732 -2.27% 7/48 4,989 -2.62% 74.11% [25] [26] [23] [24] [28] [29]
1986(S61) 6,559 -2.56% 6/48 4,778 -4.23% 72.85% [25] [26] [23] [30] [28] [29]
1987(S62) 6,444 -1.75% 6/48 4,668 -2.29% 72.45% [31] [32] [23] [30] [28] [29]
1988(S63) 6,584 2.17% 5/48 4,742 1.58% 72.03% [31] [32] [23] [30] [28] [33]
1989(H01) 6,630 0.71% 4,778 0.75% 72.07% [31] [32] [23] [30] [34] [33]
1990(H02) 7,033 6.07% 5/48 5,107 6.88% 72.61% [31] [32] [35] [30] [34] [33]
1991(H03) 7,090 0.82% 5,132 0.48% 72.37% [31] [36] [35] [37] [34] [33]
1992(H04) 6,956 -1.89% 5/48 5,008 -2.40% 72.00% [38] [36] [39] [37] [34] [33]
1993(H05) 6,882 -1.06% 5/48 4,918 -1.81% 71.46% [38] [36] [39] [37] [40] [41]
1994(H06) 6,737 -2.11% 4/48 4,756 -3.29% 70.60% [38] [36] [39] [37] [40] [41]
1995(H07) 6,740 0.04% 4/48 4,652 -2.19% 69.02% [38] [36] [39] [42] [40] [41]
1996(H08) 6,718 -0.33% 5/48 4,616 -0.77% 68.72% [38] [43] [39] [42] [40] [41]
1997(H09) 6,468 -3.71% 5/48 4,449 -3.62% 68.78% [44] [43] [39] [42] [45] [41]
1998(H10) 6,205 -4.07% 5/48 4,274 -3.94% 68.87% [44] [43] [39] [42] [45] [46]
1999(H11) 5,863 -5.52% 5/48 4,047 -5.32% 69.02% [44] [43] [39] [42] [45] [46]
2000(H12) 5,690 -2.94% 5/48 3,888 -3.93% 68.32% [44] [43] [39] [47] [45] [46]
2001(H13) 5,630 -1.06% 5/48 3,786 -2.61% 67.25% [44] [48] [49] [47] [45] [46]
2002(H14) 5,405 -3.99% 5/48 3,603 -4.85% 66.65% [50] [48] [49] [47] [45] [46]
2003(H15) 5,241 -3.04% 5/48 3,411 -5.32% 65.08% [50] [48] [49] [47] [45] [51]
2004(H16) 5,630 7.42% 4/49 3,537 3.69% 62.82% [50] [48] [49] [47] [52] [51]
2005(H17) 4,126 -26.72% 6/49 2,655 -24.94% 64.34% [50] [48] [49] [53] [52] [51]
2006(H18) 4,101 -0.60% 7/49 2,614 -1.55% 63.73% [50] [54] [49] [53] [52] [51]
2007(H19) 4,038 -1.54% 8/49 2,589 -0.94% 64.11% [55] [54] [56] [53] [52] [51]
2008(H20) 4,123 2.10% 8/49 2,649 2.33% 64.25% [55] [54] [56] [53] [52] [57]
2009(H21) 4,112 -0.27% 8/49 2,622 -1.03% 63.76% [55] [54] [56] [53] [52] [57]
2010(H22) 4,132 0.47% 8/49 2,573 -1.88% 62.27% [55] [54] [56] [58] [52] [57]
2011(H23) 4,077 -1.33% 8/49 2,512 -2.34% 61.63% [55] [59] [56] [58] [60] [57]
2012(H24) 4,079 0.07% 8/49 2,490 -0.87% 61.05% [61] [59] [56] [58] [60] [57]
2013(H25) 4,203 3.02% 8/49 2,532 1.65% 60.23% [61] [59] [62] [58] [60] [63]
2014(H26) 4,107 -2.28% 8/49 2,460 -2.81% 59.91% [61] [59] [62] [64] [60] [63]
2015(H27) 4,244 3.34% 8/49 2,512 2.12% 59.20% [61] [59] [62] [64] [60] [63]
2016(H28) 4,299 1.29% 8/49 2,562 1.96% 59.59% [61] [65] [62] [64] [60] [63]
2017(H29) 4,389 2.10% 8/49 2,614 2.03% 59.55% 7/49 [66] [65] [62] [64] [60] [63]

駅周辺編集

駅南側(浜側)は、昔ながらの漁師町の風情が漂う街並みとなっている。

  • 明石市二見市民センター
  • 明石市立二見幼稚園
  • 明石市立二見保育所
  • 明石市立二見小学校
  • 御厨神社
  • 瑞応寺
  • 明石海浜公園
  • 明石海浜プール
  • 東二見フィッシングセンター
  • 二見ボートパーク
  • 二見郵便局
  • 明石東二見郵便局
  • トーホーストア東二見店
  • マルアイ東二見店
  • 国道250号明姫幹線
  • 兵庫県道718号明石高砂線(旧・国道250号)
  • 明石市立ふれあいプラザあかし西
  • 播州信用金庫二見支店
  • 日新信用金庫二見支店
  • 兵庫南農業協同組合二見支店
  • みなと銀行二見支店
  • 兵庫県明石警察署東二見交番
  • 金光教二見教会

歴史編集

隣の駅編集

山陽電気鉄道
本線
特急(高砂方のみ運転)
東二見駅 (SY 25) - 高砂駅 (SY 31)
直通特急
山陽明石駅 (SY 17) - 東二見駅 (SY 25) - 高砂駅 (SY 31)
S特急(当駅から西二見方の各駅に停車
藤江駅 (SY 20) - 東二見駅 (SY 25) - 西二見駅 (SY 26)
普通
山陽魚住駅 (SY 24) - 東二見駅 (SY 25) - 西二見駅 (SY 26)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『明石市統計書 昭和32年版』 明石市秘書課 広報統計係、昭和32年12月1日刊行 (奥付なし)、p.117
  2. ^ 『明石市統計書 昭和35年版』 明石市役所 秘書課広報統計係、昭和35年12月1日刊行 (奥付なし)、p.143
  3. ^ 『明石市統計書 昭和36年版』 明石市役所 秘書課広報統計係、昭和36年12月1日刊行 (奥付なし)、p.150
  4. ^ a b c d e 『明石市統計書 昭和41年版』 明石市企画室、昭和42年1月刊行 (奥付なし)、p.146
  5. ^ a b c d e 『明石市統計書1971年版』 企画室、昭和46年9月刊行 (奥付なし)、p.138
  6. ^ 『明石市統計書1972年版』 昭和47年9月刊行 (奥付なし)、pp.152-153
  7. ^ 『明石市統計書(昭和48年版)』 昭和48年9月刊行 (奥付なし)、pp.129-131
  8. ^ 『明石市統計書(昭和49年版)』 昭和49年9月刊行 (奥付なし)、pp.158-159
  9. ^ 『明石市統計書(昭和50年版)』 昭和50年12月刊行 (奥付なし)、pp.186-187
  10. ^ 『明石市統計書(昭和51年版)』 昭和51年11月刊行 (奥付なし)、pp.232-233
  11. ^ 『明石市統計書(昭和52年版)』 昭和52年11月刊行 (奥付なし)、pp.239-240
  12. ^ 『昭和53年版 明石市統計書』 明石市市役所総務部企画課統計係、昭和53年12月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.245-246
  13. ^ a b c d 『第59回 神戸市統計書(昭和57年度版)』 神戸市市長室企画調整部調査統計課、昭和58年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.163-165
  14. ^ 『昭和54年版 明石市統計書』 明石市市役所総務部企画課統計係、昭和54年12月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.235-236
  15. ^ a b c はりま 統計資料編 1985(昭和60年) p.22 -4. 国鉄土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  16. ^ a b c 『加古川市統計書(昭和56年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和56年10月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和56年12月)、p.96(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅(1日の乗車人員を1年に換算)」と記載あり
  17. ^ a b c d 『高砂市統計書 昭和57年版』 編集:市長公室企画課、発行:高砂市役所(昭和57年7月)、p.56
  18. ^ 『姫路市統計要覧 昭和54年版』 姫路市理財局企画財政部企画課、昭和54年12月1日発行(印刷所 高橋総合印刷株式会社)、p.80
  19. ^ 『昭和55年版 明石市統計書』 明石市役所総務部企画課統計係、昭和56年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  20. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 昭和59年版』 姫路市企画局調整課、昭和60年3月発行、p.148, p.150
  21. ^ 『昭和56年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和57年1月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  22. ^ 『昭和57年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和58年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.265-266
  23. ^ a b c d e f g h i 播磨町統計書 1990年(平成2年) p.26 -4. JR土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  24. ^ a b c d e 『加古川市統計書(昭和61年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和61年12月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和62年1月)、p.104(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  25. ^ a b c d e 『第64回 神戸市統計書(昭和62年度版)』 神戸市市長総局企画調整部調査統計課、昭和63年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.136-137
  26. ^ a b c d e 『明石市統計書(昭和62年版)』 明石市企画部企画課統計係、昭和63年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、p.212
  27. ^ 『高砂市統計書 昭和59年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(昭和59年7月)、p.49
  28. ^ a b c d e f 『高砂市統計書 平成元年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(平成元年8月)、p.51
  29. ^ a b c d 『姫路市統計要覧 昭和63年版』 姫路市企画局総合企画室、平成元年3月発行、p.106(「注)定期乗車人員算定方法について、59年度までは交通量調査の資料を基礎としていたが、60年度からは、実績を採用している。」との記載あり)
  30. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成3年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成4年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成4年3月)、p.106(「資料 山陽電気鉄道株式会社 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  31. ^ a b c d e 『第69回 神戸市統計書(平成4年度版)』 神戸市企画調整局企画部総合計画課、平成5年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.149-150
  32. ^ a b c d 『明石市統計書(平成4年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成5年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.212
  33. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 平成5年版』 姫路市総務局総務部情報管理課、平成6年3月発行、pp.102-103
  34. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成8年版』 編集:総務部総務課、発行:高砂市役所(平成8年11月)、p.49
  35. ^ a b 播磨町統計書 1999年(平成11年) p.27 -4. JR土山駅乗車人員・山陽電鉄播磨町駅1日の乗降人員
  36. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成8年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成9年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.216
  37. ^ a b c d 『加古川市統計書(平成7年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成8年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成8年3月)、p.105
  38. ^ a b c d e 『第74回 神戸市統計書(平成9年度版)』 神戸市震災復興本部総括局復興推進部企画課、平成10年3月印刷発行(交友印刷株式会社)、pp.143-144
  39. ^ a b c d e f g h i 『播磨町統計書(平成13年度版)』 兵庫県播磨町企画調整課、平成13年7月発行、p.27
  40. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成12年版』 高砂市総務部文書課、平成13年2月発行、p.49
  41. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成10年(1998年)版 10.運輸・通信
  42. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成12年度版)』 兵庫県加古川市総務部総務課、平成13年3月発行、p.107
  43. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成13年版)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成14年3月発行、p.218 (運輸及び通信) 199. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  44. ^ a b c d e 『第79回 神戸市統計書(平成14年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成15年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.151-152
  45. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成16年版』 高砂市総務部文書課、平成17年2月発行、p.49
  46. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成15年(2003年)版 10.運輸・通信
  47. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成17年度版(2005年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  48. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成18年版(2006年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成19年3月発行、p.220 (運輸及び通信) 193. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  49. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2007年(平成19年) p.28 -(9.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  50. ^ a b c d e 『第84回 神戸市統計書(平成19年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成20年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.127-128
  51. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成20年(2008年)版 10.運輸・通信
  52. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成23年版』 高砂市企画総務部総務課、平成24年2月発行、p.47
  53. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成22年度版(2010年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  54. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成23年版(2011年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成24年3月発行、p.218 (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  55. ^ a b c d e 第89回神戸市統計書 平成24年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  56. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2013年(平成25年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  57. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成25年(2013年)版 10.運輸・通信
  58. ^ a b c d 加古川市統計書 平成26年度版(2014年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  59. ^ a b c d e 明石市統計書 平成28年版(2016年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  60. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成30年版』 高砂市企画総務部総務室総務課、平成30年2月発行、p.47
  61. ^ a b c d e 第94回神戸市統計書 平成29年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  62. ^ a b c d e 播磨町統計書 2018年(平成30年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  63. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成30年(2018年)版 10.運輸・通信
  64. ^ a b c d 加古川市統計書 平成30年度版(2018年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  65. ^ a b 明石市統計書 平成30年版(2018年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  66. ^ 第95回神戸市統計書 平成30年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)

外部リンク編集