メインメニューを開く

東京都道428号高円寺砧浄水場線

日本の東京都の道路
荒玉水道道路(東京都世田谷区砧)
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道428号標識

東京都道428号高円寺砧浄水場線(とうきょうとどう428ごう こうえんじきぬたじょうすいじょうせん)は、東京都杉並区梅里から東京都世田谷区喜多見に至る特例都道である。道路の地下に荒玉水道水道管が埋設されている水道道路で、ほぼ全線が一直線の道路形状となっている。通称は荒玉水道道路で、東京都の通称道路名ではないが、自治体などにより通称として使われている[1][2]

1934年昭和9年)竣工、当初は歩行者専用道路であった。1962年(昭和37年)より自動車が通行可能となったが、水道管保護のため車両の重量制限が設けられ、車両幅1.7m - 1.8m(区間により異なる)を超える車両の通行を制限する交通規制が取られており[3]、他道路との交差部等にポールが設けられているのが特徴である。一部区間では車両の重量規制の他に、埋設に関して特別な補強がなされてもいる。

路線データ編集

交差道路編集

なお、荒玉水道道路と呼ばれる道はこの先の浄水場前まで続くが、ここは東京都道11号の支線とされる。

道路に面した主な施設編集

路線バス編集

世田谷区のコミュニティバス[4]である小田急バス狛江宇奈根線(狛12系統)、東急バス宇奈根線(玉05系統)は、荒玉水道道路上を通行するため、車両重量制限に抵触しないよう小型バスで運行されている。

脚注編集

関連項目編集