メインメニューを開く
117(高松吉太郎撮影。渋谷車庫

東京高速鉄道100形電車(とうきょうこうそくてつどう100がたでんしゃ)は、現在の東京地下鉄銀座線渋谷 - 新橋間を建設・運営した東京高速鉄道1938年昭和13年)の開業に先立ち、前年の1937年(昭和12年)に製造した電車である。

101 - 130までの30両が川崎車輛で製造された。

概要編集

全鋼製車体で、全体的に先行する東京地下鉄道の電車(後の1000形)に倣った構造である。独自の丸みのある車体と電装品は親会社であった東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)の車両に通じるものがあった。内装は東京地下鉄道系の各車両に比して簡素で、室内灯も一般的な白熱灯であり、吊革も「リコ式」でない普通のもの[注釈 1]だった。また床も木張りであったが、戦後リノリュウム張りに変更された。

主電動機日立製作所製で、1基の出力は75kWと低いがこれを4基搭載し、東京地下鉄道の電車 (90kW×2) よりも強力であった。そのため100形で組成された列車は東京地下鉄道の車両より加速・高速性能共に優れていた。実際、当時は乗り入れ先でもその車両の所属している会社の乗務員が運転するので高出力の100形が追いかけ、出力の劣る東京地下鉄道の車両が"必死に逃げる"といったような場面がしばしば見られたと言われている。

また、当時としては珍しかった発電ブレーキを装備していたが、営団発足後の1959年に他形式との混結対応改造を実施した際、使用を中止した。

さらに電動発電機を搭載しており、銀座線名物といわれたデッドセクション通過時の瞬間停電は、この形式では見られなかったようである。

戦時中帝都高速度交通営団発足後も、形式変更されることなく継続して使用されたが、塗装色は他の銀座線車両と合わせて黄色に変更された。

丸ノ内線への一部移籍編集

1962年(昭和37年)には荻窪線(→丸ノ内線新宿 - 荻窪中野坂上 - 方南町)の分岐線である中野坂上 - 中野富士見町間の開業に際し、銀座線から100形10両 (101 - 110) が移籍した。丸ノ内線の規格は銀座線よりも大型で、銀座線規格車ではドアホームの間に隙間が開くことから、移籍車はドアにステップを設置して対応した。

塗装色も丸ノ内線と同様に赤に白帯に変更されたが、装飾の「サインウェーブ」はなかった。

営業運転終了後の処遇編集

 
東京高速鉄道100形
(地下鉄博物館に保存のカットボディ)
 
同正面。手前は1800形の台車

1968年(昭和43年)に両線での営業運転を終了した。他車が解体された後も118号と129号は解体を免れ、車籍を残したまま中野検車区構内の牽引車として残っていたが、どちらも1981年(昭和56年)11月26日付で除籍された。118号はすぐに解体されたが、129号は1986年(昭和61年)に車体を行徳検車区でカットし、さらに登場時の姿に復元した上で地下鉄博物館の展示物となった。車両構造を理解するための教材となって、同車のマスコンハンドル・ブレーキ弁を操作すると、車体の前に設置された台車1800形のもの)のモーター、車輪、ブレーキが動作する。

出典編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 戦後の更新で営団標準の「リコ式」に交換された。