メインメニューを開く

東田 巍(ひがしだ たかし、1938年6月12日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手捕手)。

東田 巍
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1938-06-12) 1938年6月12日(81歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1960年
初出場 1961年
最終出場 1961年10月11日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

花園高では、1956年夏の甲子園府予選決勝に進むが平安高に敗退。卒業後は 立命館大学に進学、関西六大学リーグでは、1957年秋季リーグで優勝を経験。1958年秋季リーグで首位打者を獲得。1960年春季リーグ終了後に大学を中退し、近鉄バファローに入団。翌1961年には24試合に出場、うち2試合に先発マスクを被る。同年10月11日には大毎三平晴樹から初本塁打を放つ。しかし一軍定着はできず1962年限りで現役引退。

プロ野球引退後は地元・京都市北区リトルシニアチーム「京都北リトルシニア」の設立に携わり、1977年の設立から1995年まで監督を務めた。1995年のリトルシニア対象の全国選抜大会決勝では、松坂大輔ニューヨーク・メッツ)擁する「江戸川南リトルシニア」(東京都江戸川区)を破り全国制覇を達成した[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1961 近鉄 24 21 20 1 3 0 0 1 6 1 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .150 .190 .300 .490
通算:1年 24 21 20 1 3 0 0 1 6 1 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .150 .190 .300 .490

背番号編集

  • 7 (1960年 - 1962年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集