メインメニューを開く

松前 昌広(まつまえ まさひろ)は、江戸時代大名蝦夷地松前藩の11代藩主。

 
松前昌広
時代 江戸時代後期
生誕 文政8年8月27日1825年10月9日
死没 嘉永6年8月8日1853年9月10日
改名 準次郎(幼名)、昌広
諡号 均斎
戒名 寛量院殿文俊耆徳大居士
墓所 北海道松前郡松前町 大洞山法憧寺
官位 従五位下志摩
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前見広、母:村山信敏
養父:松前良広
兄弟 良広昌広
正室:松平乗全娘・浪子
側室:静(山崎氏)
徳広縄之助
養子:崇広

生涯編集

文政8年(1825年)8月27日、9代藩主・松前章広の次男・松前見広の次男として福山城で生まれる。天保4年8月11日、福山から江戸に移る。天保10年(1839年)7月21日、兄良広の養嗣子となる。同年10月16日、養父良広の死去により、家督を継ぐ。同年11月1日、将軍徳川家斉にお目見えする。天保11年3月18日、従五位下志摩守に叙任する。

儒学者の山田三川を登用して藩政改革を行なおうとするが、当時の松前藩では藩主の早世が相次いだために重臣・松前内蔵広純(曾祖父の8代藩主・道広の五男)の専横が行なわれていた。このため、昌広は天保13年(1842年)9月、義父・松平乗全の力を後ろ盾にして12月に内蔵を家禄半分にしたうえで失脚に追い込み、江戸で蟄居させた。その上で三川を側用人・表用人として改めて用いて、天保15年(1844年)5月から倹約・風紀粛清・奢侈禁止などを中心とした藩政改革を行った。ただし、藩主の昌広は病弱な上に精神病にもかかっていたため、藩政は三川と松前広茂によって行なわれ、昌広は江戸の藩邸で養生していただけであった。

弘化4年(1847年)に入ると、昌広の病状はさらに悪化し、酒色に耽るようにもなったため、嘉永2年(1849年)6月9日、家督を養子・崇広に譲って隠居した。その後は福山城北東の北殿で余生を送り、嘉永6年(1853年)8月8日に死去した。享年29。