メインメニューを開く

松平直好

松平 直好(まつだいら なおよし)は、江戸時代中期の大名越後糸魚川藩の第2代藩主。福井藩越前松平家分家4代。

 
松平直好
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年9月25日1701年10月26日
死没 元文4年2月16日1739年3月25日
別名 善次郎(通称)
戒名 顕松院
官位 従五位下、兵庫頭、河内守
幕府 江戸幕府
越後糸魚川藩
氏族 久松松平家越前松平家
父母 父:松平定員、養父:松平直之
兄弟 直好定卓中川久敦岡藩中川家養子?)
正室:本多助芳の娘、継室:水野勝政の娘
近栄、直経堅房、娘(上田安虎室)、ほか

生涯編集

元禄14年(1701年)9月25日、松平康尚の五男・定員(さだかず、旗本)の長男として生まれた。享保3年(1718年)、糸魚川藩初代藩主・松平直之の死去により、その養嗣子となって跡を継いだ。享保11年(1726年)7月に大坂加番、享保12年(1727年)に馬場先御門番、日光祭礼奉行などを務めた。そのための出費と江戸屋敷の焼失(享保16年(1731年))などが重なり藩財政が悪化した。元文4年(1739年)2月16日に死去した。享年39。跡を四男の堅房が継いだ。