メインメニューを開く

松平 斉恒(まつだいら なりつね)は、江戸時代後期の大名出雲松江藩の第8代藩主。直政系越前松平家宗家8代。

 
松平斉恒
Matsudaira Naritsune.jpg
松平斉恒像(月照寺蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年9月6日1791年10月3日
死没 文政5年3月21日1822年5月12日
改名 鶴太郎(幼名)→斉恒
別名 瓢庵、月潭、露滴斎、宗潔(号)
戒名 月潭院殿露滴宗潔大居士
墓所 東京都港区南麻布の天真寺
島根県松江市外中原町の月照寺
官位 従四位下、侍従、出雲守、出羽守
幕府 江戸幕府
出雲松江藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平治郷、母:武井氏
兄弟 斉恒岡田善功久世道空六男)
正室:細川斉茲の娘)
継室:酒井忠道の娘)
斉貴(斉斎)信進

生涯編集

寛政3年(1791年)9月6日、第7代藩主・松平治郷の長男として生まれる。文化元年(1804年)12月23日に元服し、将軍徳川家斉から偏諱を授かって斉恒を名乗る。従四位下に叙位、侍従に任官、また出雲守を兼任する。文化3年(1806年)3月11日、父治郷から家督を譲られた。同日、出雲守から出羽守に遷任する。父の道楽などにより、松江藩の財政は再び悪化していた。また自身も茶や俳諧、書を能くした。塙保己一延喜式の校訂を命じた。後年、雲州本と呼ばれる校定本であるが、斉恒や保己一の存命中には完成せず、跡を継いだ子の斉貴の代である文政11年に完成した。文政5年(1822年)3月21日、32歳で死去した。