メインメニューを開く

松平 義生(まつだいら よしなり)は、明治時代初期の大名美濃国高須藩14代(最後の)藩主(藩知事)。

 
松平義生
Matsudaira Yoshinari.jpg
松平義生
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 安政2年5月29日1855年7月12日
死没 大正9年(1920年1月14日
改名 小次郎(幼名)→小出英周(初名)→松平義生
幕府 江戸幕府
主君 明治天皇大正天皇
美濃高須藩
氏族 小出氏高須松平家
父母 父:小出英教、養父:松平義勇
兄弟 小出英尚義生
先妻:徳川慶勝三女・道姫
後妻:徳川慶勝養女・安子
義為義忠
テンプレートを表示

生涯編集

丹波国園部藩主・小出英教の次男として誕生。初名は小出英周(こいで ふさちか)。

明治2年(1869年)6月26日、高須藩13代藩主・松平義勇の養子となる。同年7月27日、義勇の隠居により家督を相続する。それに伴い、高須藩知事に就任する。明治3年(1870年)12月24日、高須藩と尾張藩と合併させた。そのため藩知事は免職となった。明治8年(1875年)11月、徳川慶勝の養女・安子と再婚する。明治10年(1877年)7月、三等中警部心得となる。同年11月、一等少警部となる。明治11年(1878年)4月、権中警部となる。明治12年(1879年)4月、退職する。明治14年(1881年)5月、宮中祗候となる。同年9月、退職する。明治17年(1884年)7月8日、子爵となる。明治35年(1902年)には駒野城跡を城山村(現・岐阜県海津市)に小学校用地として寄付した。大正9年(1920年)に死去。享年66。

系譜編集

子は義為(よしため、長男)、孫に義明(よしあき)がいる。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
高須松平家初代
1884年 - 1920年
次代:
松平義為