メインメニューを開く

松木島駅(まつきじまえき)は、かつて愛知県幡豆郡一色町(現、西尾市一色町)松木島にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

松木島駅*
Matukizima-Station.JPG
旧松木島駅入口(2004年)
まつきじま
MATSUKIJIMA
三河一色 (2.0km)
(2.7km) 吉良吉田
所在地 愛知県幡豆郡一色町
(現、西尾市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 32.2km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
130人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1926年(大正15年)9月1日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日
備考 *1949年神谷から改称
テンプレートを表示

駅の構造編集

晩年はホーム1面1線の停留場であった。かつては島式1面2線で列車交換が可能であった。昔は貴賓室付きの大きな駅舎があったが1978年に解体された。この駅には、名古屋鉄道最後の腕木式信号機があった。

配線図編集

松木島駅 構内配線略図

碧南方面
 
吉良吉田駅
凡例
出典:[1]


利用状況編集

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は548人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中272位、 三河線(38駅)中27位であった[2]
  • 『愛知統計年鑑』によると2003年度の乗車人員は1日平均130人であった[3]。2003年度までの1日平均乗車人員は下表の通り。
年度 1日平均
乗車人員
1998年 177 [4]
1999年 147 [5]
2000年 150 [6]
2001年 136 [7]
2002年 128 [8]
2003年 130 [3]

駅周辺編集

  • 深見病院
  • 一色訪問看護ステーション

歴史編集

ふれんどバス編集

三河線の碧南・吉良吉田間の廃止に伴う代替バスで、旧沿線自治体で構成するふれんどバス運行協議会からの委託によりバス会社が運行している。

隣の駅編集

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
三河一色駅 - 松木島駅 - 吉良吉田駅

脚注編集

関連項目編集