メインメニューを開く

人物・来歴編集

生年生地不詳。

在籍時年齢・入社時期等は不明であるが、1927年(昭和2年)、マキノ・プロダクション御室撮影所製作、金森万象監督による『狼火』の長野県松本市でのロケーション撮影現場に、スチルカメラマンとして参加している[1]。1929年(昭和4年)の牧野省三没後、京都のマキノ・プロダクションが発表した新体制の組織図に、「写真部主任」として松浦の名が掲載されている[2]。1930年(昭和5年)、『祇園小唄絵日傘 第一話 舞の袖』に「スチルピクチャ」とクレジットされているが、スチルカメラマンは監督や撮影技師らと異なり、それ以上の記録が残っていない。当時の同社の宣伝部主任の都村健が編集・発行した広報誌『マキノ』等の写真を手がけている。

第二次世界大戦後、大映(現在の角川映画)の大映京都撮影所で、1955年(昭和30年)、弘津三男監督の『次男坊鴉』にスチルカメラマンとしてクレジットされている。以降、1963年(昭和38年)までの同撮影所でスチル写真を手がけ、同年の安田公義監督の『対決』でクレジットされて以降の消息は知れない。

松浦の仕事は、ポスター等に使用された写真、紙媒体に掲載された映画のスチル写真として残されている。キネマ旬報映画データベースでは「スクリプター」と記載され、「脚本家」に分類されているがこれは誤りである。

フィルモグラフィ編集

すべてスチルカメラマンとして参加。

マキノ・プロダクション御室撮影所編集

大映京都撮影所編集

  • 人斬り市場』 : 監督西山正輝、1963年 - スチール
  • 対決』 : 監督安田公義、1963年 - スチール

ギャラリー編集

編集

  1. ^ 菅家紅葉氏談話立命館大学、2009年12月22日閲覧。
  2. ^ 1929年 マキノ・プロダクション御室撮影所所員録、立命館大学、2009年12月22日閲覧。

外部リンク編集