田中徳三

日本の映画監督

田中 徳三(たなか とくぞう、1920年9月15日 - 2007年12月20日)は、日本映画監督である。関西学院大学文学部卒業。大阪市東区(現・中央区船場出身。

たなか とくぞう
田中 徳三
本名 田中 徳三(同じ)
生年月日 (1920-09-15) 1920年9月15日
没年月日 (2007-12-20) 2007年12月20日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪市東区船場
死没地 日本の旗 日本 奈良県橿原市
職業 映画監督
ジャンル 時代劇ヤクザ映画
活動期間 1948年 - 2007年
配偶者 妻(1959年 - 2007年)
著名な家族 長男、長女
テンプレートを表示

生涯編集

1920年9月15日大阪市東区(現・中央区船場に生まれる。

関西学院大学文学部在学中に徴兵(大学は繰り上げ卒業)され、スマトラ島で終戦を迎えた。1年間捕虜生活を送った後、1946年に帰国、1948年、朝日新聞記者だった兄の勧めで、助監督として大映京都撮影所に入社[1]溝口健二市川崑吉村公三郎伊藤大輔森一生らの下でチーフ助監督を務めた後、1958年に『化け猫御用だ』で監督デビュー[1]。この時、市川崑が新人監督のために台本を書いていることを知った田中は自分に回ってくることを期待したが回ってきたのが『化け猫御用だ』と知り、落胆したという。

1961年、勝新太郎主演の『悪名』を監督し、この作品で日本映画監督協会特別賞、京都市民映画祭監督賞を受賞した。田中は悪名シリーズ全16作のうち半分を監督した。

市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズ(『眠狂四郎』を雷蔵で映像化したいと企画したのは田中である[2])、『兵隊やくざ』シリーズでも全9作のうち6作の監督を務め、田宮二郎主演の「犬」シリーズなどの大映を代表する人気作品でメガホンを取った。大映時代の監督作品にはプログラムピクチャーが多く、監督を務めた作品の数は49本を数える。大映倒産後はフリーとなり、萩原健一主演の『祭りばやしが聞こえる』などの現代劇、必殺シリーズなどテレビドラマ時代劇の監督を多数務めた[1]

2007年12月20日脳出血のため奈良県橿原市の病院で死去。87歳没。同年に撮影した『少年河内音頭取り物語』(河内家菊水丸の少年期の実話)が遺作となった[3]

監督作編集

映画編集

テレビドラマ編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ a b c 田中徳三”. Kinenote. 2021年12月8日閲覧。
  2. ^ 眠狂四郎殺法帖”. 優秀映画鑑賞推進事業. 2021年12月8日閲覧。
  3. ^ 座頭市、眠狂四郎の田中徳三監督が死去 - シネマニュース : nikkansports.com”. 日刊スポーツ新聞社 (2007年12月21日). 2021年10月15日閲覧。

参考文献編集

  • 室岡まさる(インタビュー・構成) 編 『市川雷蔵とその時代』徳間書店、1993年。ISBN 4195552370 

外部リンク編集