松田一輝 (漫画家)

日本の漫画家

松田 一輝(まつだ いっき、本名:小高 利昭1949年10月16日 - )は、日本漫画家北海道茅部郡森町出身。血液型O型

松田 一輝
本名 小高 利昭
生誕 (1949-10-16) 1949年10月16日(70歳)
日本の旗 北海道茅部郡森町
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1976年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
代表作ドッ硬連
受賞 1972年手塚賞 佳作(『おらは雨太郎』)
テンプレートを表示

経歴編集

絵を描くのが好きで、小学生の頃から漫画家志望であった。しかし漫画家になるのには時期があると思っていたため、高校卒業後は俳優の学校に通った後に、会社勤めをしていた。

そんな会社勤めをしていた時期に、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の第五回手塚賞の入賞作品の中に高橋よしひろの作品があったのを見て、自分にも漫画を描けるという実感を持ち、漫画家の道に進むことを決意した。その後すぐに会社に休暇届を出し、20日で30ページの作品『おらは雨太郎』を完成し、同作品で1972年手塚賞佳作入選。その後1976年に『タケシ一家』でデビュー。

その後は会社勤めをしながらジャンプで読み切りを描くが、ちょうど結婚をしようとしていた時期だったため、とても生活できる収入ではなかった。それでも漫画に専念すると決意し、女房に「三年間辛抱してくれ、その間に絶対に連載を持って、生活のメドを立てるから」と言って会社を辞任した。そして、同じくジャンプで読み切りを描いている時期に、『少年キング』(少年画報社)から作品の依頼を受けた。しかしジャンプで研究費を貰い契約していたので、すぐには描けなかった。女房にジャンプとの契約が終わるのを待ってもらい、キングで初の連載『ビッグパンチャー』を連載した。この連載は女房との約束期間の三年の三ヵ月前程度で、ぎりぎりだったという。それでもまだ不安で、連載開始後の半年ぐらいは女房に働いてもらい、キングの連載は一年半続いた。

その後は徐々に作品の依頼も増えていき、主に少年誌で熱血漫画を発表していく。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載された『ドッ硬連』はその熱血漫画を代表する作品で、単行本20巻に及ぶ長期間の連載となった。

近年では趣味であるゴルフ囲碁の漫画も執筆。現在、『ゴルフレッスンコミック』(日本文芸社)にて、『イッキのゴルバカ一直線』を連載中。

作品リスト編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

アシスタント編集

参考文献編集

  1. 『漫画家名鑑』草の根出版会
  2. 『漫画家人名事典』日外アソシエーツ