プレイコミック

日本の漫画雑誌

プレイコミック』は、秋田書店の発行していた男性(社会人)向け漫画雑誌1968年6月1日創刊(月2回刊)。2010年月刊化され、2014年7月25日休刊。1975年から1980年代前半にかけては、姉妹誌『月刊プレイコミック』も存在していた。

プレイコミック
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 青年
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 497円
出版社 秋田書店
刊行期間 1968年6月1日 - 2014年7月25日
レーベル プレイコミック・シリーズ
テンプレートを表示

概要編集

1968年6月1日創刊。創刊編集長は織田訓好が務めた。創刊より永らく月2回刊誌として刊行されていたが[1][2]2010年8月25日発売の同年10月号より月刊誌としてリニューアルされている[3]

月2回刊時代の発売日は毎月第2・第4金曜日[1][2]。リニューアル後は毎月25日発売(前々月発売)となった[3]

青年漫画誌としては最古参の一角であり、1967年創刊の『漫画アクション』(双葉社)や『ヤングコミック』(少年画報社)、翌1968年創刊の『ビッグコミック』(小学館)と共に新しい市場を開拓していった[4]。80年代に入ると低迷期に入り、休刊寸前にまで追い込まれたが、新編集長に就任した大塚公平が、真樹日佐夫影丸穣也新書ワル』、堂上まさ志『銀玉マサやん』、乾はるかお元気クリニック』といった、アウトロー、ギャンブル、エロを中心に据えた泥臭い娯楽路線へ転換。結果、売り上げは大きく回復したが、大塚が『週刊少年チャンピオン』編集長へ異動した90年代後半以降は、風俗ものやエロものが誌面の大半を占めるようになり、再び低迷期に入っていく。

2006年のNo.1より大幅なリニューアルが行われ、立原あゆみの新連載や平田弘史の時代物短編などを掲載し、正統派青年漫画誌への回帰を図った[注釈 1]。しかし、この頃には単行本レーベルも弱体化しており、「創刊39周年記念連載攻勢第1弾」作品だったはずの『逃亡医F』が単行本化を見送られるなど、売り上げの改善には繋がらなかった。加えて、作家陣の世代交代で『ヤングチャンピオン』との内容重複も生じたことから、2014年7月25日発売の9月号(通巻1072号)をもって休刊となった[5][6][7]

休刊直前の8月号に開始された新連載『徒然ホロ酔い散歩めし』などを含め、大半の掲載作品が最終9月号で完結したが、一部の作品は移籍継続された。2014年9月30日に新創刊された『別冊ヤングチャンピオン』には『奮闘! びったれ』(同誌創刊号から『びったれ!!!』として再開)と『キューピー外伝 我妻涼』(同誌創刊号に2話連続掲載で完結。第2号:12月号から『QP 我妻涼 〜Desperado〜』として続編開始)の2作品が移籍。2014年10月21日に始動したWebコミックチャンピオンクロス』には『優駿の門 チャンプ』(「菊花賞」編プロローグ:10月28日配信)が移籍した。

休刊時の連載作品編集

以下の項目は、最終号となった2014年9月号時点での掲載作品(読み切りを含まず)。※印の作品は最終号にて完結。

その他の連載作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ お色気路線の行き過ぎによって成人向け漫画化する傾向は、前述の『漫画アクション』および『ヤングコミック』にも見られる。『漫画アクション』は2003年に一旦休刊したものの2004年に復刊し、青年漫画誌としてリニューアルを果たしたが、『ヤングコミック』は1984年に4コマ漫画誌としてリニューアルされて実質的に消滅(後継誌も1987年に休刊)し、1990年に正式に成年コミック誌として再創刊されている。

出典編集

外部リンク編集