松竹キネマ

松竹キネマしょうちく-)


松竹キネマ株式會社(1921年4月 合併改称 - 1937年 合併改称)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。「帝国活動写真株式会社」を改称して設立、さらに「松竹株式会社」と改称した、現在の松竹の直接の前身となった企業である。

目次

略歴・概要編集

松竹キネマ合名社編集

松竹キネマ合名社は、1920年(大正9年)2月、松竹資本により、東京市京橋区築地3丁目9に設立された映画会社である。新聞紙上に広告を打ち、映画の製作・配給を発表するとともに、「2-3万坪の撮影所用地」と「人材」を公募した[1]

同年3月、同社内に「松竹キネマ俳優学校」を設立、小山内薫を校長に招聘、公募により36名の研究生を養成した。同年6月、東京府荏原郡蒲田村[2](現在の東京都大田区蒲田5丁目)[3]の「中村化学研究所」跡地9,000坪を買収し撮影所を建設、「松竹キネマ蒲田撮影所」としてオープンした。

同年11月1日、同撮影所は設立第1作として、木村錦花ヘンリー小谷の共同監督により、3巻ものの短篇映画『島の女』を発表する。そのちょうど1週間後の11月8日、松竹資本は「帝国活動写真株式会社」を東京市本郷区(現在の文京区本郷地域)に設立した。

その5か月後の1921年(大正10年)4月、「帝国活動写真株式会社」は「松竹キネマ株式会社」と改称、「松竹キネマ合名社」はこれに吸収合併され、「松竹キネマ蒲田撮影所」の経営は「松竹キネマ株式会社」が引き継ぐことになる。「松竹キネマ株式会社」の本社機構は、旧帝国活動写真の本郷から、旧松竹キネマ合名社の築地へと移転した[1]

帝国活動写真株式会社編集

松竹キネマ株式会社編集

「帝国活動写真株式会社」を改称して設立した同社は、「松竹キネマ蒲田撮影所」を稼動して映画を製作し、またこれを配給した。

1923年(大正12年)、京都・下鴨宮崎町に以前から借入していた1029坪の土地に、同年9月1日関東大震災による蒲田撮影所の壊滅を受け、急遽撮影所を造営開始し、「松竹キネマ下加茂撮影所」としてオープン、蒲田撮影所の機能と人員を移動した。その間、蒲田撮影所の復旧を進める。翌1924年(大正13年)1月、蒲田撮影所の復旧に伴い、現代劇部は蒲田へ戻る。同年7月、下加茂撮影所が正式に竣工する[4]

1925年(大正14年)6月、業績不振のため、下加茂撮影所を一時閉鎖し、時代劇部を蒲田へ移動させる。1926年(大正15年)2月、「松竹キネマ下加茂撮影所」を「松竹キネマ京都撮影所」と改称する。同所で製作を行っていたのは、衣笠貞之助の「衣笠映画連盟」で、松竹キネマは同連盟の作品を配給した[4]

1927年(昭和2年)11月、蒲田での時代劇製作を中止し、京都撮影所(下加茂)のみに絞る。1928年(昭和3年)5月15日、衣笠が連盟を解消、京都撮影所を松竹キネマの直営とする[4]

1936年(昭和11年)1月には蒲田撮影所を閉鎖・売却して、大船撮影所に移転し、翌1937年(昭和12年)、松竹キネマは「松竹興行株式会社」を吸収合併し、社名を「松竹株式会社」(現行)と改める[1]。「松竹キネマ大船撮影所」は「松竹大船撮影所」(現存せず)、「松竹キネマ京都撮影所」は「松竹京都撮影所」(現在の京都映画撮影所)となる[4]

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c 松竹公式サイト内の「松竹の沿革 1895年 - 1940年」の記述を参照。
  2. ^ INAX公式サイト内の「くにまる東京歴史探訪」の記述を参照。
  3. ^ 大田区公式サイト内の「松竹キネマ蒲田撮影所跡」の記述を参照。
  4. ^ a b c d 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「松竹下加茂撮影所」の記述を参照。