板倉 勝行(いたくら かつゆき)は、江戸時代中期の大名陸奥国福島藩6代藩主。官位従五位下備中守。重昌流板倉家第9代。

 
板倉勝行
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦2年9月3日1752年10月9日
死没 安永2年8月16日1773年10月2日
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
陸奥福島藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝澄
板倉勝任
兄弟 勝武戸田光邦勝従勝行勝政
勝峯伊奈忠尊勝房前田利尚正室、
堀直泰正室、巨勢利喬正室、
菅沼定前正室、本多忠盈正室
勝矩
テンプレートを表示

略歴編集

備中国松山藩主・板倉勝澄の四男として誕生。明和3年(1766年)、先代藩主・板倉勝任の養子となり家督を相続した。

倹約を奨励し、大坂加番も務めたが、安永2年(1773年)に死去した。正室、子はなし。

一族で上野国安中藩主・板倉勝清の五男・勝矩が養子となり、跡を継いだ。