メインメニューを開く

板見 智(いたみ さとし、昭和27年(1952年8月3日 - )は、日本の医学者皮膚科医大阪大学大学院教授。鳥取県米子市出身。毛髪研究の第一人者である。日本テレビ教養バラエティ番組世界一受けたい授業に出演[1]

鳥取県立米子東高等学校校長、米子市教育長などを務めた板見甲子夫の二男[2]

略歴編集

  • 1971年 - 鳥取県立米子東高等学校卒業
  • 1978年 - 大阪大学医学部医学科卒業 大阪大学医学部附属病院皮膚科研修医
  • 1980年 - 大分医科大学皮膚科助手
  • 1982年 - マイアミ大学皮膚科学教室研究員
  • 1985年 - 論文 「An androgen-dependent pilosebaceous tumor spontaneously developed in the Japanese house musk shrew Suncus murinus(リュウキュウジャコウネズミに自然発生した男性ホルモン依存性毛包脂腺系腫瘍)」 大阪大学より博士号
  • 1985年 - 大分医科大学皮膚科講師
  • 1993年 - 大分医科大学皮膚科助教授
  • 1995年 - 大阪大学医学部皮膚科助教授
  • 1998年 - 大阪大学大学院医学系研究科皮膚科学助教授(改組による)
  • 2004年 - 大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座 教授[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界一受けたい授業
  2. ^ 『鳥取県人名録』、企画編集・鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、昭和62年(1987年) 66頁より
  3. ^ "先生からのメッセージ(経歴)、円形脱毛症.net(2009年9月22日閲覧)。