メインメニューを開く
金髪の頭髪
日本の結婚式での新婦の頭髪の一例

頭髪(とうはつ)は、ヒト頭部に生えるである。毛髪(もうはつ)、髪の毛(かみのけ)、また単に(かみ)ともいう。

構成編集

毛及びそれを囲む組織である毛包から構成される器官を毛器官(hair apparatus)という[1]。毛器官は口唇、手掌、足底などを除く全身の皮膚に存在し、一般に頭部には約10万本が存在している[1]。毛器官には触覚にかかわる知覚神経の補助的役割があり、頭髪の場合は外力や光線からの頭部の保護、高温や低温からの保温の役割がある[1]

編集

構造編集

 
200倍に拡大した髪の毛

毛は3重構造になっており、内側から毛髄質(medulla)、毛皮質(hair cortex)、毛小皮(キューティクル、hair cuticle)という[2]

毛皮質で形成されるケラチンは他の上皮細胞で形成されるケラチンよりも、シスチン、グリシン、チロシンの含有量が多い[2]。シスチン、グリシン、チロシンの含有量が多い特殊なケラチンはなどにもみられ硬ケラチン(hard keratin)という[2]

毛色の成分となるメラニンは毛髄質及び毛皮質に存在し、黒毛ではユーメラニン、赤毛ではフォオメラニンが多い[2]

毛は丈夫である。1本の毛は100gの重さを、頭髪全体では12トンの重さを支えることができるとされる。これはアルミニウムの強さに匹敵する。京都の東本願寺では、明治初期の建築工事に際し、通常の綱では用をなさない重い建材の運搬移動に、信者の女性が寄進した髪の毛によって作った綱を用いた事はよく知られている。

毛はその環境および、機械的、化学的な経歴に対応する。例えば、湿っている毛を成型し乾燥させると、その型を保つ。その型は再び毛が湿ると失われる。これは髪の毛の結合に水素結合が含まれているためである。また、湿っている状態でないときでも熱風を加え、瞬時に冷やすことで型を保つことも可能である。さらに恒久的なスタイリングのためには、化学的な処理(パーマネントウエーブ)によってジスルフィド結合を破壊し、再構成する。

加齢による変化編集

老人は毛の内部の色素が失われるため、灰色の(実際には色の無い)毛に発達する傾向がある。非常に薄い色の金髪が加齢に伴っての同様の色素喪失を来した場合は真っ白に見える。このように加齢変化した頭髪を白髪(しらが)という。白髪は通常の加齢の特徴と考えられている。[1]

白髪が生ずる年齢は人によって異なるが、一般に男性は女性よりも白髪になりやすい。一般的に75歳以上になるとほとんどの人が少なくとも白髪交じりであり、85歳までにほとんどの人が元の色の毛を失って総白髪になる。[2]

毛包編集

毛を取り囲む組織層を毛包(毛嚢)といい、皮膚面に斜めに伸びており、内側は上皮性成分、外側は結合性組織性成分の二重構造になっている[3]

毛包の皮膚面の一部はやや隆起しており毛隆起(hair bulb)という[1]。また、毛孔は漏斗状に開口しており毛漏斗(infundibulum)という[1]

毛周期編集

髪の毛は一定の周期で生育と脱落を繰り返しており毛周期(hair cycle)という[4]。毛周期は成長期、退行期、休止期に分けられる[2]。毛周期は髪の毛ごとに異なり頭部全体では一定数を保つ[5]

成長期
頭髪が成長する時期で数年間に及ぶ[4]。成長期の頭髪は1日に0.3〜0.5mm成長する[5]
退行期
成長期の後、毛包の収縮が始まると細胞分裂は停止し、2〜3週間は退行期に入る[5]
休止期
細胞分裂しなくなった毛包が毛隆起部まで上昇し、毛根は棍棒状の棍毛(club hair)になって数か月とどまる[5]。再び成長期に入ると毛包表皮は細胞分裂しながら下降し、毛母から生じた新しい髪の毛に押されて棍毛は脱落する[5]。1日に脱落する髪の毛の本数は約100本である[5]

毛の根元にある毛胞は非常に速く成長する。そのため抗がん剤投与などの化学療法によりしばしば頭髪を失うことがある。抗がん剤は速く成長する細胞に働くため、がん細胞だけでなく毛包にも作用することによる。毛細胞の代謝を抑える為に冷却して低温に保つ事で脱毛を抑える事もある。

加工品編集

漢方薬編集

人髪を黒焼きにしたものを乱髪霜と呼び、止血効果があるとされる。 値段は長さ50センチほどの髪が、1キログラム当たり5400元(約9万円)程度で売れることもある。

エクステンション編集

国際貿易センター(ITC)の統計によれば、2012年段階で中国が生産する人毛製品は、世界の流通量の大半を占める。特に、ファッションの一部として用いられるエクステンションウィッグは、中国の中でも安徽省阜陽市太和県一帯において加工、流通の集積が進んでおり、原材料も地元中国のほかミャンマーベトナムなどからも取り寄せられている[6]

L-システイン編集

パンなどに含まれている食品添加物のL-システインには、中国の人毛から製造したものが出回っている[7]。EUの法律では、人毛から作られたL-システインを禁止している[7]

人毛醤油編集

文化史編集

頭髪は、単に人体の一部という役割を超えて、神聖視されたり、特別な意味合いを付与されたりすることもあった。旧約聖書士師記においてサムソンは髪を切られたためにその力を失った。現在でも正教会においては、地域によっては気候・習慣等の要因から髪を切る修道士もいるが、修道士は頭髪を切らない事が基本的伝統とされる。

また、芸術作品では悲嘆する場面で髪を振り乱す、髪を掻きむしるなど、髪を使った感情表現が古代ギリシアの時代から見られる。古代の地中海世界では髪は感情や生命力が宿る場所とされ、葬儀の際には死者や参列者の髪を切って奉献し喪に服した[8]

日本の平安時代貴族女性において、髪の長さは美しさであった。村上天皇の宣耀殿の女御の髪の長さは、大鏡に記述がある。

ネグロイドでは、頭髪をそのままにしておくと、きつく曲がって成長し、ドレッドと呼ばれる独特の髪形になる。アメリカ合衆国においては、1960年代まではコーカソイドのネグロイドに対する差別が根強く、ネグロイド自身も差別される事を嫌って、化学処理や装置を使って毛を真っ直ぐにする場合があったが(いわゆるストレートパーマ)、60年代以降、公民権運動が成果を上げてネグロイドの地位が向上すると彼らの考えも変化発展し、縮毛を活かしたドレッドやアフロヘアーを誇示するようになり、コーカソイドにも浸透するようになった。

頭髪の手入れ編集

人間の見た目を大きく左右する要素であるため、美容と言う概念では毛髪の手入れに気を使うことも多い。頭髪の長いロングヘアになるほど、手入れの時間が増える傾向にある。

特にクチクラ(キューティクル)は水分を含むと膨張するため、摩擦ではがれやすくなる。その結果クチクラが少なくなると、毛の内部が空洞化し痛み易くなる。そのため、泡を使って低摩擦で洗浄し、髪を乾かしてからブラッシングすることが推奨される。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、20頁。
  2. ^ a b c d e 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、22頁。
  3. ^ 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、20-21頁。
  4. ^ a b 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、22-23頁。
  5. ^ a b c d e f 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、23頁。
  6. ^ “中国の人毛加工製品、輸出が急成長”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年8月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3023875?ctm_campaign=txt_topics 2014年8月23日閲覧。 
  7. ^ a b Is there human hair in Dutch bread? DutchNews.nl 2014年2月5日
  8. ^ 小池寿子『死を見つめる美術史』ポーラ文化研究所 1999年、ISBN 4938547473 pp.25-29