メインメニューを開く
本来の表記は「林﨑遼」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

林﨑 遼(はやしざき りょう、1988年6月12日 - )は、兵庫県姫路市出身[1]の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

林﨑 遼
Hayashizaki ryo.jpg
西武時代
(2013年7月31日、こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1988-06-12) 1988年6月12日(31歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2010年 ドラフト5位
初出場 2011年7月19日
最終出場 2014年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

中学生時代は投手としてプレーし、全国大会での優勝経験がある[2]

東洋大姫路高校では1年生の春にレギュラーを獲得[2]。3年生の時、夏の甲子園・全国大会では全3試合に3番・遊撃手として先発出場し、12打数6安打、2本塁打、5打点、打率.500の成績で、準々決勝の駒澤大学苫小牧戦では、田中将大から2点本塁打を含む3安打を放った[3]

東洋大学3年生の時、東都大学野球・春季リーグで11試合に出場し43打数14安打、1本塁打、12打点、打率.326の成績で、二塁手のベストナインに選ばれた[4]。7月に行われた第37回日米大学野球選手権大会日本代表メンバーに選ばれ[5]、全5試合に出場したが13打数無安打だった[6]。4年生時の春季リーグでは12試合に出場し44打数13安打、1本塁打、4打点、打率.295の成績で遊撃手のベストナインに選ばれた[7]。7,8月に開催された第5回世界大学野球選手権大会の日本代表メンバーに選ばれたが、右肘痛の為に辞退した[8]。東都大学リーグ通算成績は91試合に出場、285打数69安打、8本塁打、打率.242[2]

2010年のプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズに5巡目で指名[9]。契約金3,500万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[10]。背番号は00[11]。ちなみに、この会議での指名を経て日本ハムに入団した乾真大は、高校・大学時代のチームメイトだった[12]

西武時代編集

2011年には、7月19日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)の8回表に代打で一軍デビュー[13][14]。翌20日の同カードでは、「9番・二塁手」としてスタメンに起用された[15]。しかし、一軍公式戦への出場はこの2試合のみで、3打数無安打に終わった。その一方で、イースタン・リーグ公式戦には67試合に出場。打率.236、2本塁打、21打点という成績を残した[16]

2012年には、一軍公式戦5試合に出場。代走で1得点を記録したが、打席に立つ機会はなかった。イースタン・リーグ公式戦では、チーム最多の101試合に出場。打率.258、5本塁打、35打点を記録した[17]ほか、内野の全ポジションを守った[18]。なお、シーズン終了後には、背番号を45に変更することが球団から発表された[19]

2013年は、「2番・二塁手」としてスタメンで出場した6月21日の対オリックス・バファローズ戦(西武ドーム)で一軍初安打を放つ[20][21]と、7月4日の同カード(京セラドーム大阪)では、中前への適時打で一軍初打点を挙げた[22][23]。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦で自己最多の31試合に出場。シーズン終了後の12月24日には、自身と同じ年齢の一般女性と結婚した[24]

2014年は、4月17日の対千葉ロッテマリーンズ戦(西武ドーム)で、シーズン初の一軍公式戦出場。「9番・遊撃手」としてスタメンで起用されたが、1回表の守備で打球を捕ろうと飛び込んだ際に左肩を痛めたため、1打席も立たずに交代した[25] 。その後の診断で脱臼が判明した[26]が、夏場に一軍へ復帰すると、レギュラーシーズン通算で17試合に出場。打席数(38)、安打数(10)、得点(5)、犠打数(2)で自己最多記録を残したほか、2本の二塁打を放った。シーズン終了後の10月に左肩の手術を受けた[27]ため、患部のリハビリへ専念することを目的に、同月29日に球団から支配下選手契約の解除を通告[28]11月11日には、育成選手として契約したことや、背番号を120に変更することが球団から発表された[29]

2015年は、6月1日付で支配下登録選手に復帰し、背番号を45に変更[30][31]。イースタン・リーグ公式戦では、93試合の出場で、打率.271、1本塁打、16打点という成績を残した[32]。しかし、復帰後は一軍公式戦への出場機会がなく、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[33]

西武退団後編集

2015年11月10日に、12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加。7人の投手に対して、6打数2安打(1二塁打)1四球という結果を残した[34]。しかし、他球団への移籍に至らなかったことから、現役を引退。自身と同時に西武から戦力外を通告された梅田尚通前川恭兵と共に、株式会社トラバース(かつてのチームメイトだったG.G.佐藤の実父が経営する測量会社)へ入社した[35]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2011 西武 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2012 5 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .--- .--- .---
2013 31 36 33 4 5 0 0 0 5 1 0 0 1 0 2 0 0 12 0 .152 .200 .152 .352
2014 17 44 38 5 10 2 0 0 12 1 0 1 2 0 4 0 0 6 1 .263 .333 .316 .649
通算:4年 55 83 74 10 15 2 0 0 17 2 0 1 3 0 6 0 0 18 1 .203 .263 .230 .492

年度別守備成績編集



二塁 三塁 遊撃




































2011 西武 2 4 3 0 3 1.000 - -
2012 - 2 0 0 0 0 .000 3 2 0 1 0 .667
2013 13 15 16 1 2 .969 10 3 2 1 0 .833 7 3 2 0 1 1.000
2014 10 21 34 2 3 .965 4 0 6 1 1 .857 2 2 2 1 0 .800
通算 25 40 53 3 8 .968 16 3 8 2 1 .846 12 7 4 2 1 .846

記録編集

背番号編集

  • 00 (2011年 - 2012年)
  • 45 (2013年 - 2014年、2015年6月1日 - 同年終了)
  • 120 (2015年2月1日 - 2015年5月31日)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「2015プロ野球 12球団全選手 カーラー百科名鑑」 廣済堂出版発行 105頁
  2. ^ a b c 「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2011」 宝島社発行 34頁
  3. ^ 第88回全国高校野球選手権・甲子園 >最新スコア 東洋大姫路 対 甲府工東洋大姫路 対 桐生一駒大苫小牧 対 東洋大姫路 日刊スポーツ
  4. ^ 平成21年度 春季リーグ戦 1部リーグ 選手成績 一般財団法人 東都大学野球連盟
  5. ^ 第37回 日米大学野球選手権大会 日本代表チーム 公益財団法人 全日本大学野球連盟
  6. ^ 第37回 日米大学野球選手権大会(2009年) アメリカ - 日本 1回戦日本 - アメリカ 2回戦アメリカ - 日本 3回戦日本 - アメリカ 4回戦アメリカ - 日本 5回戦
  7. ^ 平成22年度 春季リーグ戦 1部リーグ 選手成績 一般財団法人 東都大学野球連盟
  8. ^ 東洋大・林崎、社会人内定も夢への一発! スポニチ Sponichi Annex 2010年9月25日掲載
  9. ^ 2010年 ドラフト会議開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2010年10月28日配信
  10. ^ 西武 林崎と合意 スポニチ Sponichi Annex 2010年11月17日掲載
  11. ^ 2010ドラフト指名6選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2010年12月9日配信
  12. ^ 「2010年 新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト 2010年10月28日配信
  13. ^ 2012年度西武ライオンズ選手名鑑 00 林崎 遼 スポニチ Sponichi Annex
  14. ^ 2011年7月19日 福岡ソフトバンク 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  15. ^ 2011年7月20日 福岡ソフトバンク 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2012年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  17. ^ 2012年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  18. ^ 2012年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  19. ^ 2013年 背番号のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年11月22日配信
  20. ^ 【西武】林崎初安打「気持ちよかった」 日刊スポーツ 2013年6月22日掲載
  21. ^ 2013年6月21日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  22. ^ 林崎 3年目でプロ初打点「いいところで貢献できた」 スポニチ Sponichi Annex 2013年7月4日掲載
  23. ^ 2013年7月4日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  24. ^ 林崎遼選手 入籍のお知らせ埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年12月24日配信
  25. ^ 西武林崎が今季一軍初スタメンも負傷交代日刊スポーツ 2014年4月17日配信
  26. ^ 西武 林崎 左肩脱臼 2日で抹消へ スポニチ Sponichi Annex 2014年4月17日掲載
  27. ^ 西武 契約更改がスタート 山川 二軍本塁打王も現状維持 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月11日掲載
  28. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年10月29日配信
  29. ^ 育成選手契約について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年11月11日配信
  30. ^ 林崎遼選手 支配下登録のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年5月29日配信
  31. ^ 支配下選手登録 (2015年度シーズン途中・2月以降) 日本野球機構オフィシャルサイト
  32. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  33. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月2日配信
  34. ^ 合同トライアウト詳細 日刊スポーツ 2015年11月10日配信
  35. ^ 【プロ野球選手第2の人生】西武・梅田、G・G・佐藤氏の父経営の測量会社に スポーツ報知 2015年12月30日配信

関連項目編集

外部リンク編集