メインメニューを開く

柯 受良(コー・ショウリアン、ブラッキー・コー、1953年2月22日 - 2003年12月9日)は、台湾歌手俳優スタントマンである。息子は台湾の歌手柯有綸(柯有倫、アラン・コー)。

柯 受良(ブラッキー・コー)
中国語 柯受良
漢語拼音 Kē Shòu Liáng
注音符号 ㄎㄜ ㄕㄡˋㄌㄧㄤˊ
生誕 (1953-02-22) 1953年2月22日(66歳)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国浙江省寧波市象山県漁山列島
死没 2003年12月9日
中華人民共和国の旗 中華人民共和国上海市
国籍 中華民国の旗 中華民国
別名 小黑
英語名 Blackie Ko
職業 歌手俳優スタントマン
活動期間 1965年 - 2002年
子供 柯有綸
祖籍 祖先は廈門から来たとされるが、泉州閩南語を話す。
テンプレートを表示

活動編集

元来はアマチュアのバイクラリーの選手だった。1975年に優勝し、映画関係者に声を掛けられてスタントマンになった。後年、万里の長城をバイクで飛び越え、ギネス世界記録にも認定された。

出演した香港映画だけでなく、ハリウッドなどの他の映画作品にも影響を与えるほどのスタントを生み出し、成功させて功績を残した。また、負傷して何度も入院しながらも復活し、スタッフ・キャストから「不死身の男」と呼ばれた。

多くの俳優のスタントを勤めただけでなく、強面を生かした俳優としても活躍し、凶悪犯や怪人役を得意とした。

略歴編集

  • 1953年2月22日、国共内戦末期の中国に生まれた。父は漁師。
  • 1955年2月の大陳島撤退時に両親に連れられ、国民党軍とともに台湾に渡る。
  • 1970年、映画学校に入り、演技やスタントを学ぶ。
  • 1971年、映画『落鷹峡』で、月世界の上から転げ落ちるスタント(代役)を行う。
  • 1977年、香港の芸能界に入り、武術指導やアクション映画の俳優となる。
  • 1988年、映画『壮志豪情』の監督を務める。翌年公開。
  • 1998年アンディ・ラウ(劉徳華)、呉宗憲と合唱した歌「笨小孩」がヒット。
  • 2003年12月9日、多量の飲酒による喘息発作のため、ロケ先の上海のホテルで死去[1]。葬儀には多くの映画人が集まり、日本の各マスコミ、映画雑誌でも報じられた。

ジャンプ・スタント編集

映画編集

  • 1982年 - 『最佳拍檔』(『悪漢探偵』) バイクでビルの窓から飛び出すスタント。
  • 1984年 - 『快餐車』(『スパルタンX』)
  • 1986年 - 『龍兄虎弟』(『サンダーアーム/龍兄虎弟』) ユーゴスラビアでスポーツカーで6車線75メートルの高速道路を飛び越える。
  • 1987年 - 『衛斯理傳奇』(両頭蛇 役)
  • 1989年 - 『英雄無胆』(連長 役)
  • 1989年 - 『壮志豪情』(監督)
  • 1990年 - 『咖哩辣椒』(鮑魚刷 役)
  • 1990年 - 『賭侠』(『ゴッド・ギャンブラー2 賭侠』)(黒豹 役)
  • 1991年 - 『夜生活女王之霞姐伝奇』(阿光 役)
  • 1992年 - 『戦龍在野』(黒哥 役)
  • 1992年 - 『逃学威龍2』(犯人役。ゲスト出演)
  • 1992年 - 『少年吔、安啦!』(老董 役)
  • 1993年 - 『重案組』(『新ポリス・ストーリー』)(台湾警官 役。ゲスト出演)
  • 1993年 - 『芝士火腿』(殺手龍 役)
  • 1994年 - 『賭神2』(海岸 役)
  • 1995年 - 『冇面俾』(『摩登笑探』、『金城武の死角都市・香港』)
  • 1996年 - 『古惑仔2之猛龍過江』(柯志華 役)
  • 1996年 - 『古惑仔3之隻手遮天』(柯志華 役)
  • 1997年 - 『侠盗正伝』(石班主 役)
  • 1997年 - 『黒玫瑰之義結金蘭』(紅毛丹 役)
  • 1999年 - 『烈火戦車2極速伝説』(黒鬼東 役)
  • 1999年 - 『條子阿不拉』(阿不拉 役)
  • 2000年 - 『古惑仔6勝者為王』(柯志華 役)
  • 2000年 - 『笨小孩』(譚耀文父 役)
  • 2001年 - 『欲望之城』 役)
  • 2001年 - 『童党』(猛哥 役)
  • 2002年 - 『烏龍闖情關』
  • 2003年 - 『生死速遞』(呉信勇 役、監督)

ドラマ編集

  • 2002年 - 『雪地裡的星星』(『星が輝く夜に』)

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • 『正港男児』(1993年12月、名冠唱片公司。台湾語。)
  • 『再度征服』(1999年6月、BMG唱片公司。中国語。)

脚注編集

  1. ^ 港藝人柯受良在上海離奇死亡” (中国語). 大紀元 (2003年12月9日). 2016年12月4日閲覧。

外部リンク編集