メインメニューを開く

柴崎 勇(しばさき いさむ、1949年5月2日[1] - 2013年7月12日[2])は、日本中央競馬会(JRA)に所属した騎手調教師千葉県出身[1]

柴崎勇
Replace this image JA.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県[1]
生年月日 1949年5月2日[1]
死没 2013年7月12日[2](満64歳没)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 鴨田次男・中山-美浦(1968年5月 - 1984年2月)
→フリー・美浦(1984年3月 - 1994年2月)[1]
初免許年 1970年[1]
騎手引退日 1994年[1]
重賞勝利 10勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 JRA3928戦277勝[1]
調教師情報
初免許年 1994年(1995年開業)[1]
調教師引退日 2013年7月12日(死没)[1]
重賞勝利 4勝
通算勝利 JRA3980戦251勝[1]
経歴
所属 美浦トレーニングセンター[1]
テンプレートを表示

1970年に騎手デビュー。1986年に騎乗馬ギャロップダイナ安田記念(GI)に優勝した。騎手引退後の1995年より調教師として美浦トレーニングセンターで厩舎を開業し、死去する2013年まで在職した。

経歴編集

父親は厩務員であり、15歳のとき父の伝手を頼り鴨田次男厩舎(中山競馬場)に入門[3]。厩舎で働きながら騎手を目指す「短期講習生」として過ごし[3]、1970年に騎手免許を取得した。1972年には騎乗馬ナスノセイランで障害の最高競走・中山大障害(春)を制し、重賞初勝利を挙げる。

1984年、鴨田厩舎を離れフリーになると、「ダイナ」を冠名とする社台レースホース所有馬を中心に次々と重賞を制する[4]。1986年春にはギャロップダイナ安田記念を制し[5]、生涯唯一のGI優勝を果たした。また、同馬は夏にフランス遠征を行い、柴崎もこれに帯同。調教騎乗の要員であったが[4]、8月には社台ファーム代表・吉田善哉の所有馬キタグニに騎乗してクラフォンテーヌ競馬場で勝利を挙げ、9月にはギャロップダイナ渡仏2戦目のムーラン・ド・ロンシャン賞(G1)にも騎乗した(結果は10着)[6]

1994年2月16日、調教師免許試験に合格し[7]、同27日をもって騎手を引退[8]。JRA通算3928戦277勝、うち重賞10勝[2]

翌1995年に厩舎を開業[2]。2001年に管理馬オイワケヒカリでフローラステークスを制し、調教師として重賞初勝利[9]。以後2013年初頭の中山金杯(優勝馬タッチミーノット)まで重賞4勝を挙げた[2]

最後の重賞勝利から約半年後の7月12日、病気のため調教師在職のまま死去[2]。64歳没。調教師としては通算3980戦251勝(JRA)を挙げた[2]

成績編集

騎手成績編集

  • JRA通算3928戦277勝

重賞勝利馬編集

  1. 括弧内は柴崎騎乗時の優勝重賞競走、太字はGI競走。
  2. 出典:『日本調教師会50年史』資料編・重賞競走成績

調教師成績編集

  • JRA通算3980戦251勝

重賞勝利馬編集

  1. 出典:日本中央競馬会公式サイト・引退調教師名鑑「柴崎勇」
  • オイワケヒカリ(2001年フローラステークス)
  • アポロティアラ(2006年フェアリーステークス
  • トーセンベニザクラ(2012年フェアリーステークス)
  • タッチミーノット(2013年中山金杯)

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 日本中央競馬会公式サイト・引退調教師名鑑「柴崎勇」(2016年3月5日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g 『優駿』2013年8月号、p.158
  3. ^ a b 『調教師の本II』p.72
  4. ^ a b 『優駿』1986年7月号、p.43
  5. ^ 『優駿』1986年7月号、pp.138-139
  6. ^ 『優駿』1986年10月号、p.160
  7. ^ 『優駿』1994年4月号、p.163
  8. ^ 『優駿』1994年4月号、p.75
  9. ^ 『優駿』2001年6月号、p.142

参考文献編集

  • 中央競馬ピーアール・センター編『調教師の本II』(中央競馬ピーアール・センター、1991年)
  • 優駿』(日本中央競馬会)各号