メインメニューを開く

柴田 實(しばた みのる、1906年1月11日[1] - 1997年3月16日[1])は、日本歴史学者京都大学名誉教授京都市下京区出身。

研究領域編集

専門は日本文化史石門心学柴田鳩翁の曾孫にあたり、明倫舎主を継承、石門心学に関する著述を多く著す。大津宮の研究や中世庶民信仰の研究でも知られる。戦前・戦後の京都市史編纂にも従事した。

略歴編集

京都府立第一中学校第三高等学校卒業[2]。1925年に京都帝国大学文学部史学科に入学し、三浦周行西田直二郎の指導を受け、1930年卒業[1][3]

1930年に京都帝国大学文学部副手、1932年に助手、1946年助教授を経て、1950年に京都大学分校(のち教養部教授[1]。1963年から1965年ま京都大学教養部長。1969年3月定年退官[1]。同年4月関西大学文学部教授、1970年財団法人元興寺仏教民俗資料研究所人文科学室長[1]。1976年佛教大学文学部教授となり、1987年退職[1]

1976年11月、勲二等瑞宝章受章[1]

著書編集

共編著編集

記念論集編集

  • 『日本文化史論叢 柴田実先生古稀記念』柴田実先生古稀記念会 1976

参考文献編集

  • 京都民俗学会事務局, 編纂.「柴田實先生を偲んで 柴田實先生略歴」『京都民俗 Bulletin of the Folklore Society of Kyoto : 京都民俗学会会誌』第15号、京都民俗学会、1997年、 3-6頁。

脚注編集

関連項目編集