栄誉称号(えいよしょうごう)とは、栄誉ある称号のこと。あるいはそれらの総称[1]

目次

栄誉称号とは編集

栄誉称号については現在、明確に定義はない。但し、文献や報道の中では栄誉称号という概念の用例としては、いくつかの類型に分けることができる。主に立憲君主国等における君主号皇族/王族身位その他の称号、貴族、国家功労者に授けられる爵位儀礼称号社会主義国の国家功労者に与えられる英雄称号スポーツマスター人民芸術家などの称号[2]大学学位名誉教授など法的・国際的に認められた学術称号[3]、そのほか、栄誉称号として規定された称号などを指す[4]。栄誉称号の別称としては貴号などがある[5]

ほかに類似概念として名誉称号があるが、広義の意味ではほぼ同義語に近い。ただし、多くの名誉称号は概ね特定の呼称を称する権利を与えるのみで社会的な特権を伴わないのに対し[6][7]、栄誉称号と形容される称号の多くは法的あるいは公的性格が強く、また、爵位のように貴族や国家功労者としての地位礼遇特権を保障したり、学位のように学術能力に基づきその栄誉権威を保障する効用を有している。これら栄誉称号の性質上、国や地方の公共機関、教育機関、医療機関の称号を指すことが多く、詐称や濫用することは法的にも禁じられている[8]。稀に民間団体が授与する私的な称号も栄誉称号と表記されることがあるが、これは広義の意味での栄誉称号であり、名誉称号と同義と言ってよい[9]。もちろん、私立大学など学位や名誉教授などの栄誉称号を授与する機能を持っている民間法人も存在し(ただし、私立大学等も公共機関たる教育機関である)、反対に警察機構の定める称号を名誉称号と規定する事例も存在する[10]。よって、社会的な用例からいっても栄誉称号が公的機関の称号、名誉称号が民間法人の称号と峻別することはできない。また、法令上根拠のある栄誉称号よりも、法人が定める独自の名誉称号が優越的な処遇を付与される場合もあるため、単純に栄誉称号と名誉称号を優劣で比較することも適切ではない。いわば、栄誉称号は法令に定めを置く称号で、名誉称号はさらに法令の範囲では評価できない事象、功績に対し、特定の組織が独自に定める称号といえる[11]

栄誉称号一覧編集

以下では主に法令で定められた国の中央政府、地方政府(地方公共団体)及びそれに付属する機関(独立行政法人特殊法人地方独立行政法人等を含む)、または法令上、国公私立大学等が授与する、狭義の意味での栄誉称号を一覧として示す。君主号、皇室・王室の身位ほか、個別の爵位、儀礼称号、英雄称号は国ごとに多岐にわたり、個別の項で詳述しているため、割愛する。本項では国営放送公共放送赤十字社も対象とするが、それらに附属する私立の法人が設置する学校病院交響楽団の定める独自の称号は、法人格が公益財団法人公益社団法人学校法人等である場合も含め民間の名誉称号とみなし、本項の対象としない。

国家、国際機関の定める栄誉称号編集

以下は国家の中央政府国会、国の司法機関(裁判所等)や国際機関等が定める栄誉称号を例示する。

立憲君主の栄誉称号(君主号及び退位者の尊号を含む)

皇族の栄誉称号(身位)

王族の栄誉称号(身位)

王族・貴族・一代貴族等の栄誉称号(爵位及び儀礼称号)

国教指導者の栄誉称号

  • 法王

国家功労者の栄誉称号

国際機関の栄誉称号

バチカン市国/ローマ教皇庁の定める栄誉称号編集

バチカン市国及びローマ教皇庁は独立国家及びその政府機構と位置づけられる点では前項と同様であるが、同国の主宰するカトリックはその他の国では一宗教の一宗派(教団ないし宗教法人)としての性格を帯びるものであり、その特殊性に鑑み、前項の別枠とした。

聖職者・信徒の栄誉称号

国軍等の定める栄誉称号編集

国軍等(主に、政府軍に該当するもの(日本自衛隊を含む)の定める栄誉称号を対象とする。但し、中国人民解放軍など党の傘下にある軍であっても、事実上、国家機関に附属している軍隊も含む。

国軍高官・国軍顕彰者の栄誉称号

国家警察等の定める栄誉称号編集

警察(警察庁などの国の機関)、海上警備隊(日本の海上保安庁を含む)、税関など司法警察機関の定める栄誉称号を対象とする。

警察官・司法警察職員経験者の栄誉称号

外部協力者の栄誉称号

国立機関、特殊法人等の定める栄誉称号編集

本節では、国の定める特別の機関医療機関研究機関、教育機関(省庁大学校等)、博物館図書館公文書館、国立/王立の交響楽団等の定める栄誉称号を掲載する(独立行政法人その他の特殊法人等を含む)。但し、国の機関たる学位授与機関(独立行政法人大学改革支援・学位授与機構など)が授与する学位は、学位の種別のみ例示した。学位の専攻分野名は省略とする。また、これらの機関が称号と規定する場合であっても実働の職員として付与されたもの(職務や職位に関する称号=職務称号)については官職公職その他の役職に類するものとみなし、除外している。

学生等の栄誉称号(学位授与機関の授与する学位)

高等専門学校卒業生の栄誉称号

教職員の栄誉称号

国立アカデミー会員等の栄誉称号

国立大学等の定める栄誉称号編集

国立大学及び国立大学法人並びに大学共同利用機関法人等、国立の大学短期大学高等学校中学校中等学校及び小学校その他の公立学校に類する機関の栄誉称号を対象とする。学位は授与する学位の種別のみ例示し、学位の専攻分野は省略とする。準学士の称号も同様とする。なお、国立大学等であっても特別栄誉教授名誉博士等の名誉学位その他、法令によらない大学の自治によって定められた機関独自の称号は、名誉称号としての性格が強く例示の対象外とした[12]

四年制大学・短期大学学生の栄誉称号(学位)

教職員経験者の栄誉称号

  • 名誉教授

赤十字社の栄誉称号編集

赤十字社は国際機関としてはもとより、国際的にも多くの国で法律等(日本赤十字社法)に基づき設置されており、独自の顕彰制度、称号が制定されている。日本では日本赤十字社皇族名誉総裁、名誉副総裁として推戴するほか、定款を以て社員等の称号を定めている[13]。赤十字社に附属する私立大学の栄誉称号は「私立大学等の定める栄誉称号(四年制大学、短期大学)」の節を、看護専門学校については「専修学校の定める栄誉称号」の節を参照のこと。なお、日本赤十字社の都道府県支部が定める日赤紺綬有功会の事例は赤十字社に附属する団体であるため除外する。

皇族等の栄誉称号

役職員の栄誉称号

社員の栄誉称号

国営企業等の定める栄誉称号編集

主に、中国では国営企業・国有企業が労働者に栄誉称号を授与する事例がある[14]

労働者の栄誉称号

  • 労働模範

地方政府・地方公共団体の定める栄誉称号編集

以下は地方政府、地方公共団体及びその下で運営される公立機関、公立学校等が定める称号の例である。本節は地方政府/地方公共団体が州法ないし条例で定める栄誉称号の例を示す。

自治功労者等の栄誉称号

地方警察・消防機関等の定める栄誉称号編集

以下は地方警察機関、消防機関(消防本部消防署消防団)の定める栄誉称号を示す。

警察官、警察職員経験者の栄誉称号

  • 名誉師範
  • 名誉楽長
  • 名誉特別研究員

警察協力者の栄誉称号

  • 栄誉少年警察補導員

消防団員経験者の栄誉称号

地方政府等の設置する公立機関が定める栄誉称号編集

本節では、地方政府、地方公共団体が設置する病院、博物館、図書館、公文書館、動物園植物園その他の施設(地方独立行政法人等を含む)が定める栄誉称号の例を示す。

行政職員経験者・外部協力者の栄誉称号

  • 名誉院長
  • 名誉園長
  • 名誉所長
  • 名誉センター長
  • 名誉館長
  • 名誉場長

公立大学・公立学校等の定める栄誉称号編集

本節では国王の勅許状を以て設置する公立大学や地方公共団体等の設置する大学、短期大学、高等専門学校等の栄誉称号の例を示す。公立大学が大学の自治に基づき、独自に定める特別栄誉教授等も名誉称号と見なし、除外する[12]

四年制大学・短期大学学生の栄誉称号(学位)

  • 博士
  • 修士
  • 学士
  • 専門職学位
  • 短期大学士

高等専門学校学生の栄誉称号

  • 準学士

四年制大学・短期大学教職員経験者の栄誉称号

  • 名誉教授

私立大学等(四年制大学、短期大学)の定める栄誉称号編集

私立大学の授与する博士、修士、学士及び専門職学位、短期大学士の学位も栄誉称号である。他に法令上、私立大学が授与できる称号としては下記のものがある(特に日本の場合)[15]。他にも大学独自に定める特別栄誉教授、特別功労教授等の称号、名誉学位その他は法令上定めを置かない法人としての称号であるため除外する[12]

四年制大学・短期大学学生の栄誉称号(学位)

  • 博士
  • 修士
  • 学士
  • 専門職学位
  • 短期大学士

四年制大学・短期大学教職員経験者の栄誉称号

  • 名誉教授

専修学校の定める栄誉称号編集

なお、専修学校では高度専門士並びに専門士の称号を授与している(特に日本の場合)。

脚注編集

  1. ^ 栄誉とは「栄えあるほまれ」のことを指し、称号とは「身分や資格を表す名称、肩書き」を意味する言葉である。 松村明大辞林 第三版』(三省堂2006年)264頁及び1226頁、新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)302頁、1375頁参照。
  2. ^ 例えば、1999年の読売新聞の報道では、旧ユーゴスラビアで戦死者に対する「人民英雄」の栄誉称号追贈を停止したことを報じており、英雄称号を栄誉称号として表記している。「「ユーゴ軍死者は1,800人」空爆開始後コソボ駐留軍が初言及」『読売新聞』1999年6月3日東京朝刊7頁参照。また、旧ビルマなどでは建国の父アウンサンの名を冠した「アウンサンの旗」が国家最高の栄誉称号として位置づけられているように、国家の歴史に縁の深い言葉や人名が栄誉称号として定められることがある。「[追悼録]泉谷達郎さん ビルマ独立の志士たちの“教官”」『読売新聞』1997年8月26日東京朝刊6頁参照。
  3. ^ 学位を栄誉称号と定義する解説は国史大辞典編集委員会編『国史大辞典第3巻』(吉川弘文館1983年)177頁や相賀徹夫編著『日本大百科全書5』(小学館1985年)13頁、14頁など参照。教授などの称号を栄誉称号として規定する事例としては、例えば国立大学法人長崎大学大学院医歯薬総合研究科ウェブサイト「医歯薬学総合研究科のメイルマノフ・セリック助教が「教授」としての栄誉称号を受章しました。(医歯薬学総合研究科学術協力課)」参照。
  4. ^ 長崎県では、県立病院やし体不自由児施設の長として多年勤務し退職した者で、運営に功績ある者に施設名に名誉を冠した栄誉称号を贈ることを定めている。県立の病院及びし体不自由児施設の長の栄誉称号の授与に関する規則」参照。そのほか、茨城県笠間市笠間市立病院では病院長の任を退職した医師に対して市長名で名誉院長の栄誉称号を授与している。笠間市ウェブサイト「笠間市立病院長の栄誉称号の授与に関する規則」および笠間市立病院の栄誉称号の授与に関する取扱要領」参照。
  5. ^ 貴号とは「栄誉を表す称号」として定義される。主に爵位や学位をいう。新村出前掲書(岩波書店、2011年)670頁。松村明前掲書(三省堂、2006年)596頁。松村明監修・小学館大辞泉』編集部編『大辞泉 増補・新装版』(小学館、1998年)634頁参照。
  6. ^ 例えば、フランス革命で消失したフランスの爵位が王政復古で復活した際、特権の伴わない純然たる名誉称号となったと言われている。つまり、名誉称号とは名乗ることのみを許容された概念として使用されている。相賀徹夫編著『日本大百科全書11』(小学館、1986年)313頁、314頁参照。
  7. ^ 但し、国立大学が授与する特別栄誉教授称号のように、授与大学から栄誉手当が支給される場合もある。国立大学法人東京農工大学ウェブサイト「特別栄誉教授規程」参照。
  8. ^ 例えば日本では、軽犯罪法第1条15にて「官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」を拘留又は科料に処すると規定している。
  9. ^ 民間団体の栄誉称号の例としては、フランス料理シェフで組織する「日本エスコフィエ協会」(会長: ホテルオークラ名誉総料理長剣持恒男)で優れた料理人に対して「料理人の王様」の異名を持つオーギュスト・エスコフィエの弟子という意味を持つ「ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ」のタイトルを栄誉称号として贈呈していることなどが挙げられる。関連報道として「国内フランス料理界が栄誉称号 石田シェフ 37年目の感無量」『読売新聞』2005年6月21日東京朝刊秋田版34頁、「北九州のシェフ2人に栄誉称号 日本エスコフィエ=北九州」『読売新聞』2006年7月19日西部朝刊北九州版32頁参照。
  10. ^ 岡山県警察本部ウェブサイト「名誉称号の授与に関する訓令 (PDF) 」参照。但し、岡山県警察本部の定める名誉称号も、訓令を以て当該称号を定める以上、仮にこれを不当に詐称することは違法である。その点で、同警察本部の名誉称号についても、本項でいう狭義の意味での栄誉称号という性格を強く有している。
  11. ^ 例えば、栄誉称号である名誉教授は法律に定めを置くとともに引退した大学教員に広く授与される一方、特に報酬の支給が規定されていない。それに対し、大学独自の名誉称号たる特別栄誉教授は法的な規定に基づかないものの、特に学術的に高い業績を上げた者に大学から授与され、授与大学によっては栄誉手当等の支給対象となる場合もある。つまり、名誉教授と特別栄誉教授の間に明確な等級や優劣はないにせよ、結果的に特別栄誉教授の処遇が優位に位置づけられている事例だといえる。なお、特別栄誉教授と名誉教授を比較する上で前述の国立大学法人東京農工大学の「特別栄誉教授規程」と同大学の「名誉教授称号授与規程」を比較した。同大学の名誉称号に関する規定については国立大学法人東京農工大学ウェブサイト「○東京農工大学名誉教授称号授与規程」参照。
  12. ^ a b c 私立大学の例ではあるが、名誉博士号名誉客員教授、特別功労教授等の称号を定める国際教養大学では、これらの称号を名誉称号として規定している。国際教養大学ウェブサイト「国際教養大学名誉称号授与規程 (PDF) 」参照。
  13. ^ 日本赤十字社ウェブサイト日本赤十字社定款 (PDF) 参照。
  14. ^ 加藤周一編『世界大百科事典 改訂新版』(平凡社2007年)302頁参照。
  15. ^ なお、本節の対象とする私立大学とは、日本の場合では、主に学校教育法私立学校法が規定する学校法人株式会社が定める大学をいう。この他、放送大学学園法に基づき、放送大学学園が設置する放送大学沖縄科学技術大学院大学学園法に基づき、学校法人沖縄科学技術大学院大学学園が設置する沖縄科学技術大学院大学自治医科大学産業医科大学などのいわゆる公設民営大学も本節のいう私立大学である。

参考文献編集

書籍編集

  • 相賀徹夫編著『日本大百科全書 5』(小学館、1985年) ISBN 409526005X
  • 相賀徹夫編著『日本大百科全書11』(小学館、1986年) ISBN 4095261110
  • 加藤周一編『世界大百科事典 改訂新版』(平凡社、2007年) ISBN 978-4-582-00514-1
  • 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典第3巻』(吉川弘文館、1983年) ISBN 464200503X
  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059
  • 松村明監修・小学館『大辞泉』編集部編『大辞泉 増補・新装版』(小学館、1998年)ISBN 4095012129

報道資料編集

  • 『読売新聞』1997年8月26日東京朝刊
  • 『読売新聞』1999年6月3日東京朝刊
  • 『読売新聞』2005年6月21日東京朝刊秋田版
  • 『読売新聞』2006年7月19日西部朝刊北九州版

URL編集

関連項目編集