メインメニューを開く

栗秋 正寿(くりあき まさとし、1972年8月15日 - )は、日本の登山家。冬季アラスカ山脈登山の第一人者。冬季マッキンリー単独登頂(世界で4人目、史上最年少)、冬季フォレイカー単独登頂(世界初)、植村直己冒険賞受賞。「山の旅人」と自称。

雑誌「山と溪谷」2011年5月号のインタビューにて、「アラスカはいわば、登山技術以上にキャンピングスキルがものをいう世界」と述べている。

目次

経歴編集

福岡市に生まれる。千葉県松戸市大分県日田市で育ち、福岡県立修猷館高等学校[1]に入学。15歳のとき、北アルプスを舞台にした映画「ラブストーリーを君に」(東映、1988年、主演:後藤久美子仲村トオル)に感動し、修猷館高校山岳部に所属して山歩きを始める。九州工業大学に進学して山岳部に所属し、在学中の1995年7月、山岳部の仲間と、北米大陸最高峰のマッキンリー(6,194m)に登頂。その後、中央アラスカ3大峰(マッキンリー、フォレイカーハンター)の冬季単独登頂を目標とし、1997年2〜3月、冬のマッキンリーに挑むが、5,200m地点で断念。1997年3月、登山に専念するため九州工業大学大学院を中退。

1998年3月8日、植村直己が1984年2月に冬季単独登頂に成功するも帰還を果たせなかった、マッキンリーの冬季単独登頂および帰還に、日本人で初めて成功(冬季単独登頂は世界で4人目、史上最年少)。下山後、リヤカーを引いてアラスカ縦断1400kmの旅を行っている。

1999年4月と2001年3月、フォレイカー(5,304m)に単独登頂するが、冬季登頂の記録は逃している。その後、2002年1月〜3月、フォレイカーに、2003年2月〜4月、2004年2月〜3月、2005年2月〜4月、ハンター(4,442m)に、2006年2月〜4月、マッキンリーに挑戦するが、いずれも悪天候のため断念。

2007年3月10日、通算4度目の挑戦で、フォレイカーの冬季単独登頂に世界で初めて成功。

2009年1月〜3月と2009年12月〜2010年3月、残るハンターに挑むも、悪天候のため断念。

2011年2月、第15回植村直己冒険賞(2010年)を受賞。

2016年4月、ハンター登頂に挑むが予定を10日過ぎた75日で断念。アラスカ州空軍ヘリに救助される[2]

著書編集

関連項目編集

脚注編集