メインメニューを開く

根岸 一美(ねぎし かずみ、男性、1946年 - )は、日本音楽学者大阪大学名誉教授、同志社大学教授。

人物編集

アントン・ブルックナーの研究を中心に、19世紀のドイツ・オーストリア音楽の歴史と美学研究を専門とする。また、関西(特に兵庫県宝塚市)における西洋音楽受容の研究の一環として、ブルックナーの作品を日本に紹介したオーストリアの指揮者、ヨーゼフ・ラスカについての調査・研究を行っている。

経歴編集

著書編集

  • 『ブルックナー』音楽之友社・作曲家・人と作品シリーズ 2006
  • 『ヨーゼフ・ラスカと宝塚交響楽団』大阪大学出版会、2012 
共編
  • 『音楽学を学ぶ人のために』三浦信一郎共編 世界思想社 2004

翻訳編集

外部リンク編集