メインメニューを開く

根本かおる

日本のジャーナリスト

根本 かおる(ねもと かおる、1963年 - )は、日本ジャーナリスト国際連合職員。東京国際連合広報センター所長(在任期間2013年8月29日 - )。旧姓、曽根(そね)。

根本 かおる
生誕 曽根 かおる
1963年
兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
職業 国際連合職員
ジャーナリスト
活動期間 1996年 - 現在
肩書き 国際連合広報センター所長
任期 2013年8月29日 -
補足

1986年テレビ朝日に入社しアナウンサー・記者を務める。1996年、テレビ朝日を退職し国連難民高等弁務官(UNHCR)事務所に15年間勤務。2012年にフリージャーナリストとして活動後、東京国際連合広報センター所長を務める。

経歴編集

小学3年生から4年間父の仕事の関係でドイツハンブルクで生活する[1][2]兵庫県立神戸高等学校東京大学法学部卒業後、1986年にテレビ朝日へ入社。アナウンス部で3年間勤務後、同社の女性社員で初の報道局政経部記者となる[1]

その後、1994年に会社を休職し、フルブライト留学生として米国のコロンビア大学大学院に留学。国際関係論を学び、国際関係論修士号取得。留学中にUNCHRインターンとしてネパールブータン難民キャンプへ。大学院修了後の1996年にテレビ朝日を退社し、国連難民高等弁務官(UNHCR)事務所で勤務[1]。トルコ、ブルンジ、コソボ、ジュネーブ本部を経て、WFP国連世界食糧計画に出向後、2006年2月よりUNHCRネパール・ダマク事務所長。2007年6月より2009年まで国連UNHCR協会事務局長。その後、UNHCRジュネーブ本部民間資金調達部副部長。

2011年にUNHCRを退職し、2012年にフリージャーナリストとして活動。2013年8月29日付にて東京国連広報センター所長に就任した[3][4]

出演番組編集

学生時代編集

テレビ朝日時代編集

著書編集

  • ブータン 「幸福な国」の不都合な真実(2012年、河出書房新社
  • ふるさとをさがして 難民のきもち、寄り添うきもち(2012年、学研教育出版
  • 日本と出会った難民たち 生き抜くチカラ、支えるチカラ(2013年、英治出版
コラム・共著など

同期アナウンサー編集

脚注編集

  1. ^ a b c | 有名人の英語ライフ 根本かおる(国連UNHCR協会 理事・事務局長)
  2. ^ 第8回:国連広報センター(UNIC)根本かおる所長”. 国際女性の日 2014. 国際連合広報センター (2014年3月12日). 2015年5月3日閲覧。
  3. ^ 国連広報センター新所長 着任のお知らせ 国際連合広報センター 2013年8月30日付
  4. ^ 根本かおる氏の東京国連広報センター(UNIC東京)所長任命 日本国外務省による報道発表 2013年8月30日付

関連項目編集

外部リンク編集