メインメニューを開く

桂 三実(かつら さんみ、1993年5月1日 - )は、上方落語協会に所属する日本落語家上方噺家)。本名は斎藤僚平[1]。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー[2]

桂三語かつら さんみ
本名 斎藤僚平
生年月日 (1993-05-01) 1993年5月1日(26歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
師匠 6代桂文枝
活動期間 2012年 -
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー

来歴・人物編集

愛知県名古屋市出身[1]。中学校までは野球部に所属し、三塁手で2番打者だった[3]。3年生の時、2代目桂枝雀のCDを聴いて落語に関心を持ち、その後桂三枝(現・6代桂文枝)の高座をテレビで見たことで熱心に三枝のビデオをレンタルした[4]

愛知県立豊明高等学校を卒業後、2012年5月に三枝に入門した[1]。三枝には高校3年生の時に私設事務所ウェブサイトの「お問い合わせ」フォームに弟子入りを志願する書き込みをしていた[4]。三枝からは「入門に対する想いを綴った手紙と履歴書」を送るよう求められ、名古屋の公演で楽屋まで出向いたものの会うことはできず、連絡のないまま高校を卒業、その後で親と大阪に来るよう指示があり、入門を許された[4]。6代文枝が「桂三枝」を名乗った時代の最後の弟子である[3][5]。入門1か月後に「三実」の高座名を付けられる[4]

入門後まもなく、師匠の「6代文枝襲名ツアー」が始まり、付き人として同行、多くの芸能人に会う[4]

2015年7月に年季明けし、8月に淡路島にある兵庫県洲本市の「洲本のいいとこ発信大使」の2代目(初代は月亭八斗)に就任、10月まで居住した[3][5]。洲本では世話になっている地元農家の手伝いもした[4]

2018年より個人の会として「桂三実のどえりゃあ落語会」を大阪市の空堀商店街で開いている[4]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集